無職だった僕がまとめブログを始めて年収2500万まで上り詰めた話

1 / 2 ページ

小さな広告営業の会社で一サラリーマンとして働いていただけの僕が、会社を辞めてから2ちゃんねるのまとめブログをはじめたことで現在年収2500万円を稼ぎ出すことができるようになった話です。

高校卒業、就職へ

2009年に福岡県の高校を卒業した僕はそのまま地元の社員80人ほどの広告営業を営む会社に就職していた。大学に行くより就職したほうがいいと意気込んで就職活動をしてみたものの偏差値50ほどの高校の高卒で何の資格も特技もないごくごく普通の人間を面接してくれるところなんて、小さな会社しかなかった。結局広告営業の会社だけしか内定がもらえなくて渋々入社することになった。同期はたったの5人だった。
仕事内容は簡単だ。お客様に電話をかける、広告営業のためのセールストークをする。以上。最初はなれなくて戸惑ったり失敗してばかりだったが、何百件も電話をかけるうちにスムーズにできるようになった。しかし、しばらく仕事を続けてみて気付いたことが2つあった。
まず一つ目、この仕事は精神的に疲れる。座り仕事なので、体力的には楽なのだが、1日に何百件も電話をかけるでけっこう精神的に辛いものがあった。そしてもう一つ、この会社は人材を使い捨てる職場であるということ。広告営業とかっこいいうたい文句で人を引き寄せてはいるものの、実態はただのテレアポであり、人を騙してでも契約をとるのが自社の利益になる反社会的な会社だった。その事業内容と集まる人材の質の悪さも相まって職場の雰囲気は最悪。このままここで働き続けても未来はないな、そう感じ始めていた。
僕が当時所属していた部署の部長は無能のくせに極めて高圧的で、何か不満があればすぐに怒鳴り散らす。正直言って息が詰まる職場だった。そのうえ仕事はつまらないし、はっきり言ってもう辞めたいという気持ちが膨らんでいた。
稼ぐあてもないが、辞めないとストレスでつぶれてしまいかねない、そう判断した僕はある日ついに部長に辞表を出し、会社を辞めた。
そのときはただ会社を辞めた解放感に包まれていただけだった。

ニート生活の始まり

会社を辞めて1日2日は嬉しくて、仕事から解放された喜びをかみ締めながら布団でごろごろしていた。しかしやはりしばらく経つと現実が僕を襲ってくる。

親には会社を辞めたことはいっていないけど、いつかはばれるだろう。生活費も貯金が50万ほどあるだけで、このままではいつか底をつくので早急になんとかしなくては。
なんとなくぼーっとしながら、目の前にあるPCで儲ける方法を調べてみた。色々なキーワードで探して行くうちに、何度も「アフィリエイト」という言葉にぶつかった。アフィリエイトか・・・と僕は思った。

実は僕はアフィリエイトを高校生の時に始めていた。確か当時は気軽にお小遣い稼ぎをしたくて始めたんだっけ。久々にアフィリエイトの管理画面にログインしてみると、今月の収益3円。これは無理だと判断した。月3円しかお金が入らないなんてパソコンの電気代も払えない。
そう思いながら、一応パソコンで検索作業を続けたところ、ある一文が目に入った。


「アフィリエイトで儲けるのは2ちゃんねるまとめブログが最強だと言う理由」


そのブログの記事を読んでみると、筆者はもともと様々なウェブサイトを作成してアフィを貼り、儲けようと試行錯誤し、最後にまとめブログにたどりついて稼げるようになったという。
さらに読み進めていくと、なぜまとめブログが儲かりやすいかという理由は2点に集約されていた。第1に面白いから。2ちゃんねるという掲示板には多数の人が集まっていて絶えず雑談をしているから、ネタがつきない。面白くないスレが立っても淘汰されるから、残っている面白いもののみまとめに取りあげればさらに面白さが凝縮される。第2に他人のレスを使えるから検索に強い。自分で文章を書く場合には書ける量にどうしても限界があるし、面白さも限定される。しかし、まとめブログ専用のツールを使えば、クリックするだけでレスを載せるか、載せないか選べて作業があっという間に終わる。
言われてみれば尤もな指摘だ。まとめブログの管理人になればいいのか・・・そう思った僕であったが、しかし一方で本当に稼ぐことが出来るのだろうかという不安もあった。気になった僕は検索し続けたが、ネットで得られる情報はほとんど眉唾のようなものばかり。


このまま闇雲に探しても埒が明かない。そう思った僕は収益を推定計算してみることにした。自分がアフィブログを運営していた経験から、痛いニュースという大手まとめブログの収益を算出した。

その結果、痛いニュースは年収1.2億円稼いでいるという答えがでてきた。あまりに大きな数字に結果を疑わずにはいられなかったが、どう計算しても年収4千万以上は堅いようだ。

次に有名ブログ以外の収益計算もしてみることにした。その結果PV(ページビュー)が少ないところはほとんど儲かっていないことがわかった。

大手とそれら弱小ブログの違いはなんだろう。

ごく一部のまとめが会社員以上に稼いでいる。PVが多いところと少ないところの違いはなんだろう。運営期間に注目した。ハム速や痛いニュースは長いこと運営しているので、リピーターがついていると予測し、運営期間とPVは比例すると言う仮説を立てた。データを集め、エクセルでグラフを作ると綺麗な右肩上がりができた。やはり長く運営すればするほどPVが増えるのだ。
さて問題はどれだけの期間、運営すれば人並みに儲かるようになるのかということだ。無職である以上、極力早く収入を得ないと。この推定を誤るととんでもないことになるので血眼になってデータを集める。一日の更新数も関係しているはずだと新たな仮説も加えてエクセルで数値を加工してみる。統計学の知識はよく分からないが、なんとなく良さそうな数値が出た。
夢中になって6時間ほどトイレにも行かずに調べていたら、大体1年運営すれば、月収100万に達するという見立てができた。にわかには信じられない話ではあるけれど、どうやってもそうなりそうだ。


「いける!これはいける!」
確信が持てた。これで人生大逆転だ!無職が一気に年収1千万になってまとめブログ成金になってやる!

まとめブログの開始

リサーチの次は行動あるのみ。まとめブログは毎日見ていたものの、作り方が分からないのでまずは作り方を調べた。数時間かけて幾多もあるまとめを改めて調べていくとさまざまな共通点が見つかったため、それをもとにまとめブログを開始することにした。

みんなの読んで良かった!