成功哲学をかたっぱしから試して、殆どその通りにやったけど、まだ願いがかなわない。

 私の目標は、人類全体の問題解決能力を向上させる道具を作り、一人格につき一つの国家 中央銀行 宇宙を所有できるようにすることである。
 世間には、こうすれば新しい起業家が生まれるとか、こういう人間が求められているという文章がある。例えば、人と違うことにとことん集中しろとかだ。それらの条件をほとんど満たしているけれども、今のところ私は華々しい社会的に認められた成功からはまだほど遠い。
 どうしてそんな状態になっているのか?まずは事実を並べていきたいと思う。
 成功哲学で言われている基本は全て満たしていると思う。
できるだけ高い目標を掲げて、それをできるだけ具体的に思い浮かべる。
それを毎日行う。宝地図という望月さんという人がやっている成功哲学があって、かれこれ、3年ほどやっている。実際実行したのはそのうちの半分ぐらいの日数だと思う。寝る前など催眠状態に入りたいときに、ウェアラブル端末を使って自分の作ったソフトウェアを操作しているイメージを2日に一度かそれ以上3年ほどやっている。毎日殆ど、「おれは万能のどんなソフトも一瞬で作る最高のプログラマーだ:と言い聞かせている。
 それでも、このまま自分だけで全てをなしとげたらあとの人がついてこないとか、女っ気がないと非人間的なシステムを作るから性欲は強く維持したまま考えなければならないか?とかいろいろな葛藤があってそれが足を引っ張っていた。今はシステム設計に直接関わりはないが、プログラミングができないほど疲れているが、まだ指は動くという時に、素直に寝て自分を休ませることができないという、起きて頑張ることが頑張っていることであるという罠にハマっている。自分のやっていることを心底楽しむことに制限がかかっているのだ。

  この本 にも大風呂敷を広げて自分と違う人間と付き合えと言っているが、まずメールでも返事が来ない場合がほとんどで、この文章を書くことでも違う人間と付き合うきっかけになればと思っているが、仲間が4人に増えたことはない。本当に魅力的な大風呂敷だけで人が集まってくるなら、俺のところに即座に人が集まってきても良いと思うのだが、ヒトラーや麻原彰晃やスティーブ・ジョブズみたいにどんどん説得して人を集めるなんてできていない。人を集めるための最大の武器って本当は何なんだろう?
 苫米地英人さんの本で唯一やっていないのは、金を破って捨てることだ。銀行で引き取ってもらえないかもしれないからやっていない。それ以外は全部頻繁に実行している。
 それでも、10人ぐらいの仲間とその他大勢のリモートの仲間とセーリング サーフィング ウィンたスポーツ そして新体道を楽しみながら、すべての情報を関係性と幻想に分解してRDBで保存して、一番正規化された情報によって、一人格に一つの国家 中央銀行 宇宙を所有させるソフトウェアを開発して完成させるという目標は達成されていない。そして、金の心配をせずに女の子と遊び、できれば完成したシステムの中に魂を創って、その中と外を行ったり来たりして好き放題に遊びたい。
 Cakephpのプログラミングを教えてくれる人と、一緒にやる仲間やこの文章をもっとわかりやすくしてくれる仲間とかもほしいが、そんな仲間を金なしで集めてくる方法か、10億ぐらいの借金をする方法を教えてほしい。この文章はコーディングじゃなくてこっちが楽しいので体が選択した目標へ近づく最短の選択だと思って書いている。  今のところはStuckoverflowとスカイプで聞けば答えてくれるプログラマーに色々聞いてどうにかしのいでいる。

みんなの読んで良かった!