雪国で生まれ、暮らすということ NO2

前話: 雪国で生まれ、暮らすということ  ~除雪奮闘記~
不定期に襲ってくる降雪
除雪に費やされる朝の貴重な時間
毎朝30分~1時間
出来る事なら、その分ほかのことに時間を使いたい。
 
除雪がなければコーヒーも飲める パンも焼ける 朝風呂だって入れる
新聞だって隅々まで目を通せる。毎日続ければ英会話だってマスターできるかもしれない
 
 
何回思ったか、、、
 
 
「雪いらね」
 
 
 
日中も降れば仕事帰りでも除雪
老若男女すべての人が「雪国」に生まれた瞬間から背負う権利と義務だと、私は思っている。本音を言えばやりたくない。
だがしかし、やらなければ家に入れないし、出られないそんな状態になってしまう
 

1週間の流れ

雪が降った週

 平日
  ↓
  朝と夜に敷地内の除雪
 
 休日
  ↓↓
   屋根に積もった雪を落とす作業 
     (屋根の大きさにもよるが、二人で4時間程度)
    *雪国の屋根には雪が滑って落ちないよう滑り止めがついている
    *これがついていないと急に雪が落ちてきて超危険 
  ↓
  敷地、道路に落ちた雪の除雪
 
雪の降る季節は11月下旬~3月上旬までの約4ヶ月
 
是非、東北や北海道に移住を考えている方は、こんな側面も見て欲しい

著者の中嶋 達也さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。