自転車わず in 豪州(part2)

最高の癒し

人ヅテで自転車を譲り受けた。

実物が届いた瞬間は感動した。


と言っても

トライアスロンで使うようなスポーティーなものでもなく

ごく普通のマウンテンバイク。


でも日々の生活にものすごく退屈していた自分からすれば

サンタからもらったクリスマスプレゼントそのものだった。


通勤中も8キロ離れた駅も

自転車で移動した。


車で行けばいいのに、と思う。

でも昔から乗り物酔いが激しかったので

長時間車で乗っていたときはホントにきつかった。


自転車を漕いでるときが一番楽しかった。

小学生の気持ちに戻ったような感覚。

イヤなことから逃げられる。

最高の現実逃避であり最高の癒しだった。

ポケモンで自転車を使うボタンを押したサトシの感覚そのものだw

他人から譲ってもらったのにこの自転車を勝手に命名した。

名付けて

GOZARU号(笑)


結局そのジャパレスは3ヶ月で辞めることになった。

(ていうかよく3ヶ月も続いたもんだ。。。。笑)


辞めてすぐに

オーストラリア第一の都会シドニーに移動することになる。





サイトからのお知らせ

STORYS.JPはあなたの一歩を応援しています

生き方は少しずつ自由になってきましたが、未経験分野への挑戦(転職)はまだまだ難しいのが現状です。これを踏まえて、STORYS.JPは誰でも実務経験を得られるサービス『adoor』をリリースしました。 最初はエンジニア職を対象にしています。STORYS.JPは、どんな人でも人生の一歩を踏み出しやすい世の中を目指しています。

実務経験は買える「adoor」

著者の小財 優祐さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。