渡米失敗!41時間の大晦日。

1 / 3 ページ

ぶっ壊す。
これが今年のテーマ。
になりました。急遽。
もう、ほんと大反省です、
あの長い長い大晦日は。
2010年の大晦日、
それは自分にとって
とてもとても長く、
そして生涯忘れられない日になりました。
渡米日は12月31日の夕方、関空発でした。
そして、[21:49]にNY到着予定。
飛行機の上からマンハッタンを望み、
NYで年越し、そんな理想的プラン。
が、、、、、、
実際にNYに着いたのは、
NY時間の1月1日、朝5時。
年越しはなぜか機内だったんです。。
というのも、
なんとこの大事な大事な大晦日に、
大事件が起きました。
それもサンフランシスコで。
31日[18:35]関空発、
同日[13:05]サンフランシスコ乗り換え
同日[21:49]にNY着。
これが当初のプラン。
もちろんサンフランシスコまでは
とても順調でした。(まぁ当たり前のことですが)
そこで乗り換え手続きに入り、
なんなく離陸30分前には
搭乗ゲートに到着。全く問題なし。
まだ時間あるな、ってlことで、
ゲートの受付で窓際席にしてくれないか、
駄目もとで交渉。
すると数分後に、
「空きが出たからOKよ」と奇跡的に窓際確保!
大晦日で満席の機内だったのに、まさにミラクル。
これでNYの大晦日を空から、それも窓際から見れる!
もしかして花火とうち上がっちゃったりして!!
と興奮も最高潮になっていきました。
にしても、まだ時間あるな、と、
近くの椅子へ腰掛けながらiPhoneの充電を開始。
(※印おんぼろiPhoneなのですぐ切れるんです)

著者のDra gonさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。