これがホントのアメリカンドリーム。

1 / 2 ページ

NYに来て1週間。ようやくこっちの地理や文化にも慣れてきました。
といっても、決して順調ではなくトラブルだらけ。
自分の楽観主義が世界では通じないことを実感中です。
でも失敗が多い分、急速に成長している感もあります。
今日からブログ再開しまーす。
せっかくNYに来たので、
日本にいる人に少しでもNY、
アメリカを身近に感じてもらえたらと思い、
これから毎週土曜にブログ更新します。
日本とアメリカの違い、
NYから見た日本といった情報を
勝手に発信していくのでたまに見てやってください。
2011年も最高の一年にしましょう。
日本に幸あれ!!
アメリカンドリームの真の意味。
アメリカンドリームとは
一発当ててやろうと大きな野望を抱くこと、
そういう意味だとずっと思ってました。
でもある人に教えられたんです。
アメリカンドリームの本当の意味は、
誰もが平等に夢をもてる社会、
そういう意味だと。
そして実際にNYに来てみて、
そんな雰囲気を節々で感じます。
例えば、履歴書。
ここでは履歴書に、
性別も年齢も書く欄がありません。
それは差別をしてはいけない、
つまり誰でも平等にチャンスが
与えられる社会だということです。
特にニューヨークはその傾向が強いらしく、
外国人に対してもすごく寛容。
他州では外国人を差別的な視線で見る人も
多いらしんですがここではありません。
NYに来て生活している人、
働いている人はみなニューヨーカーとして、
対等に接する、それがNYの文化です。
その理由は以上なほどに多い外国人。
まさに人種のるつぼ。
地下鉄のラインを変えただけで、
人種が変わるんです。
僕の住むブルックリンは黒人だらけ、
でもクイーンズの方へいってみれば
白人のヒスパニックだらけ。
そしてマンハッタンはまさに人種のサラダボールです。

著者のDra gonさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。