ストレスフリーな生き方

「期待しないことが、夫婦円満の秘訣です。」
昔、あるテレビ番組で所ジョージさんがいっていた。
相手に期待なんかするから、ストレスがたまるんだ、って。
うわー、ほんとそうかも!!
ってズドンと心に響いた記憶がある。
イライラしている時って、
その原因はだいたい同じだったりする。
それは見返りを「期待」してるとき。
・誕生日サプライズを期待してたのに何もなかった
・自分はこんなに頑張っているのにまったく会社で評価されない
・上司に頼まれたことをやったのにお礼もいわれなかった
・鉛筆ひろってあげたのにお礼をいわれなかった
・ハンカチひろってあげたのにお礼をいわれなかった
・エレベーターで最後まで皆が出るのを「開」を押し続けて待ってたのにお礼をいわれなかった
~してくれると思ったのに
と勝手に相手の行動を期待するのが人間。
でも人の行動なんてコントロールできないから
さっさとこの発想は捨てる。
すると世界が変わる。
何気ないプレゼントが、サプライズプレゼントに変わり、
当たり前だと思ってたことが、ありがとうという感謝に変わる。
経営者でベストセラー作家で、
ハワイと日本のデュアルライフを実現する
僕の好きな本田直之さんもこんなことを言ってた。
Give&Takeでもなく、
Give&Giveでもなく、
Contributionが大事!
要は見返りをモトメちゃいけないってこと。
してあげてる、って発想自体だめだってこと。
たしかに Give&Take ほどいやらしい言葉はない。
でも「期待」すべきこともある。
可能性。  
見返りに対する「期待」は一切やらないほうがいいが、
可能性に対する「期待」は最大限やるべき。
可能性とはつまり「未来の能力」のこと。 稲森和夫(京セラ創業者)  
可能性は誰にでもある、だってそれは未来のことがだから。
今の自分にできないことも、
10年後の自分なら目つむってでもできちゃうかも、
期待された人は能力が伸びるってことは、
「ピグマリオン効果」
として科学的にも証明されている。
上司が部下の未来に期待する
親が子の未来に期待する
先生が生徒の未来に期待する
国民が政治家に期待する
国民が日本の未来に期待する
国民が自分の未来に期待する
「期待」が国を伸ばす

カタリエ3に投稿されたストーリーがついに書籍化!
(表紙画像からamazonに飛べます)

Katarie3 book

著者のDra gonさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。