第4回 福岡来て2年半、元プロボクサー25歳が手持ち金0円で起業する事になった。

1 / 4 ページ

前編: 第3回 福岡来て2年半、元プロボクサー25歳が手持ち金0円で起業する事になった。

ボクシングとの出会い

中学1年生の頃テレビでガチンコのファイトクラブという番組をずっと見てた。

学校でもそのテレビ番組の話題は頻繁にあり、その時に友達から僕たちの最寄駅のすぐ近くにそのジムがあると聞いて、早速見学に行った。

行ってみたらテレビ番組では「なんじゃわれー!!!!」とかシャウトしてるファイトクラブのメンバーも普通に真面目にそして態度良く練習してて笑った。

(トレーナーの言う事も真面目に「はい!」とか言って聞いてるしww)

「テレビってそんなもんよね(笑)」



元々、個人競技に興味のあった僕はすっかりのめり込んで次の日に入会した。

それがボクシングとの出会いでした。

この時は趣味程度にしか考えていなく、まさかプロにまでなるとは思ってもいなかった。

ちなみにファイトクラブの人たちとも普通に会話する事とかあったんですけど、みなさんめっちゃ良い人でした。特に↑の画像の藤野さんはよく練習終わりにジュース買ってくれました。全然テレビの印象とは違いました。沖ボクシングジムはその後経営難に陥り僕が15歳の時に無くなりました。僕は家の近くにもう一軒ボクシングジムがあったので高校進学してからはそこに通う事になりました。

父親の死

父親とは離婚してから2度3度あったりしてましたが、10歳くらいからは全く会う事は無くなりました。

中学3年生の高校受験真っ只中のある夜に電話があり、たまたま母親が不在だったので僕がでたら電話先の相手は父親の妹からでした。



おばちゃん
〇〇ですけど、覚えてる?
はい、覚えてますよ。久しぶりですね!どーしました?
おばちゃん
こうちゃんのお父さんが"危篤"なの…
??????
"キトク"ってなんですが?


15歳の僕には"危篤"の意味は良く分からなかった。

おばちゃんから「死」という単語を聞いて初めて理解出来た。

直ぐに母親に連絡し病院に行った。

故郷の西新宿、僕の産まれた病院で父親は入院していた。

お腹に管を通して寝ている父を見た時は動揺を隠す事など出来ず、病室で思いっきり泣いた。

父親に「泣くな」と言われても泣いた。

父親の「全部俺が悪かった、ごめんな」という言葉は心に残った。

父はその日の夜に他界した。

葬式も誰にも知らせず身内のみでひっそりと行った。

あんだけ父の事を恨んでいた母親も号泣していた。

僕も泣いた。

ウチの父親が何故成功しなかったのか?って今になって思う。

天才的な頭脳持ち、営業センスも抜群、全て一人でなんでも出来る。

しかし、父は周りに恵まれなかった。

頼ろうともしなかったし。

天才過ぎる故に孤立してしまい、失敗し全てを世の中のせいにしてしまった。

そして酒に溺れ完全に壊れてしまった。

人間一人では生きていけない。時には誰かに頼る事、すなわち他人を信じるという事が父にあったらこーいう結末にはならなかったのかもな。。。と思います。

自分が産まれた病院で父親が死ぬ。。。

自分は最後どんな結末を迎えるのだろう。。。と考えたきっかけでした。

高校生~人生の分岐点~

「人生の分岐点っていつだった?」

って聞かれた時には必ずこう答える。

みんなの読んで良かった!