崖っぷち万歳

壁はドアである。
ピンチはチャンスである。
とかよく聞くけど、
なんかうさんくさいなー
ってどっかで思ってた。
けど26にもなってみるとかなりしっくりくる。
最近こんな話を聞いた。
アリの行列について。
1、誰かがえさを見つける。
2、足跡フェロモンをたどり仲間がかけつける。
3、みんなで効率よく餌を巣まで運ぶ。
これが普通。
でもドカッと大きな障害をおいてやると、
行列を見失ったアリは、
4、もっと近道でもっと多くの食べ物をみつけた。
という話。
まぁ詳細はよくわからないが、
先述の、壁はドア、的な話と一緒だなって思った。
僕の経験。
1、サッカー主将だったが怪我して三年サッカーできないって宣告される
2、1週間後に社員の半分ちかくをリストラ(ワークシェア)すると宣告される
3、10日以内にアメリカを出て日本へ帰れと宣告される
と、目の前のレールが突如なくなった経験が何度とあった。
その度に、新しい道が見えた。
1、サッカーダメ   → 地元の強豪チームへ行くのを辞め、都会の進学校へ
2、仕事なくなるかも → アメリカ行きを決意
3、日本強制帰国   → オーストリアかアルゼンチンへいこう
リストラも強制帰国も
まぁなんとかなったんだけど、
その時に考えたことや、
初めて見えた広い世界が、
今の自分をつくった。大満足。
人間崖っぷちまで来ると初めて横をみる。
そしたらキラキラした道がたくさんあると気づく。
人生は無限の選択肢がある。
壁はドア。
ピンチはチャンス。
しんどいこともあるけど、
得るものは数十倍だったな。
ちゃんちゃん。

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。