厨房で踊り狂うアルバイトたち。

いきつけのカフェ。
家から一番近いカフェ。
エクアドル人が経営するカフェ。
いつもコーヒーだけどその日はランチを頼んだ。
注文を聞いた店員はオーダーを告げにさっと厨房へ。
その時、厨房のドアが開いた。
「ばんばんっばばん♬、ばばばんばっばばん♬」
厨房からラテン音楽が爆音で聞こえてきた。、
そっと中を覗くと、
そこには楽しそうに料理をつくるアルバイトたちがいた。
「働いているバイトまで楽しんじゃった、カフェ」
楽しい人みるとこっちまで楽しくなった。
いいねーこういうゆるい感じ。
次の日、朝出勤前にスタバいくと、
店員が踊って歌ってアイスコーヒーを入れていた。
自由すぎる街、NY。

サイトからのお知らせ

STORYS.JPはあなたの一歩を応援しています

生き方は少しずつ自由になってきましたが、未経験分野への挑戦(転職)はまだまだ難しいのが現状です。これを踏まえて、STORYS.JPは誰でも実務経験を得られるサービス『adoor』をリリースしました。 最初はエンジニア職を対象にしています。STORYS.JPは、どんな人でも人生の一歩を踏み出しやすい世の中を目指しています。

実務経験は買える「adoor」

著者のDra gonさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。