労働時間の罠

日本にいるときは、
朝9時から22時までは働いてた。
一年目のころなんかは、夜24時までは当たり前で、
朝3時とかざらにあった。誕生日の日なんか、
24時間中23時間会社で仕事してた。
残りの1時間はシャワーと着替えに帰った時間。
でも楽しかった。
いま。
朝9時半に出社して、
夜6時半には退社。退社後は飲みに行ったり、
ミュージカル行ったり野球観戦したり。楽しい。
どっちも楽しいから、
まぁ後悔もないしいいけど、
大事なのは成果だな。
成果というかどれだけ、人の役にたったか。
日本にいたときは、
労働時間は自己満だったと今ははっきり思う。
長く働くのはよくない。
人の役にたつこととは
そんなに時間はかからない。
3年間の会社でした仕事より、
5日間で作ったビデオの方が人の役に立てた。
よく遊びよく学ぼう。
サンキュニューヨーク!

サイトからのお知らせ

STORYS.JPはあなたの一歩を応援しています

生き方は少しずつ自由になってきましたが、未経験分野への挑戦(転職)はまだまだ難しいのが現状です。これを踏まえて、STORYS.JPは誰でも実務経験を得られるサービス『adoor』をリリースしました。 最初はエンジニア職を対象にしています。STORYS.JPは、どんな人でも人生の一歩を踏み出しやすい世の中を目指しています。

実務経験は買える「adoor」

著者のDra gonさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。