日本の向かう先。

1 / 3 ページ

ニューヨークに来る前の2010年、
オレは日本の将来への危機感でいっぱいだった。
ただのペーペーのくせに、
日本が目指すべき方向はどこかあれこれ考えてた。
その中でいくつか確信したことがあった。
経済力=幸福力 ではない。
日本は世界でも有数の安全国であり、
お金持ちの国である。
でも自殺率は世界第6位(調べた当時)、
10年連続自殺者数が3万人を超えている。
経済力=かっこいい ではない。
日本は世界から見てあきらかに裕福だが
生まれ変わったら日本人になりたい、という
外国人はめっちゃ少ないのだ。
それに経済力で世界第2位になった中国を
かっこいいと思わない。
去年のタイムズスクエアのカウントダウン。
大型スポンサーとなった中国の大手企業は、
タイムズスクエアのスクリーンに映し出されると、
北京の歌を永遠と歌い聴衆をドン引きさせたのだった。
じゃぁ経済力ではなく何を目指せば
日本人はかっこよく幸福になれるのか?
そう思い国民のほとんどが幸福だと答える
ブータンを想像してみた。
日本はブータンみたいにやや内向きな
国を目指すべきなのか。
でもオレにはピンとこなかった。
幸せかもしれんが、カッコよさがない!オレ的に。
やっぱカッコいい国でありたいよなー、

みんなの読んで良かった!