何が正解かではなく、誰を信じるかの時代。

1 / 3 ページ

中国は南京大虐殺の被害者を数百万と主張。
日本は2万と主張。
韓国は竹島は自分のものと主張、
中国は尖閣諸島を自分のものと主張。
日本ももちろん自分のものと主張。
これまでもずっとされてきた
歴史の正否についての議論。
これは一生続くし一生解決しない問題である。
なぜなら、その時代に生きてた人は、
もうほとんどこの世にいない。
誰も正解を見ている人が居ないのだ。
つまり歴史論争で一番重要になってくるのは、
どれくらい自分の主張を信じるきってるかという熱意。
主張が強い方の歴史が正解に近づいていく。
ちなみに中国や韓国は100%自分たちの歴史が
正しいと思い込んでいる傾向にある。
それくらいの教育を受けて育っている。
実際ニューヨークにいる韓国人と歴史の話をすると
彼らはすぐ感情的になって叫びだす。
竹島はオレらのものだー!!
日本はドイツのナチスと一緒だー!!
冗談かと思うかもしれないが、
彼らの根底にはめちゃくちゃ強い想いと反感がある。
※最近の例
しかし日本人という国民は
人としてのレベルが高すぎるあまり、
もしかすると相手が正しいのかも、と思ってしまう。

みんなの読んで良かった!