「日本の美」が日本を滅ぼす

1 / 2 ページ

日本対韓国
2-0でサッカーが負けてしまった。
仕事放ったらかしで観戦してたけど、
いやーまじくやしかった!!
日本選手に危険なファールをしたのに、
逆ギレする韓国のキャプテン。
ラフなプレーを繰り返す韓国の選手たち。
それに比べ、ファールされても自分から、
仲直りの握手をもとめにいく日本選手。
人間的に超ハイレベル!!
そんなマナー良く
フェアに戦った日本だが、
試合結果は2-0で惨敗。
世界的にマナーのよい国とされるが、
ビジネスでも外交でも結果を出せない、
そんな日本の現状とつながってるようにみえた。
世界に住むとわかるが、
日本という国は世界無二の自己謙遜国家である。
自分より相手のことが気遣える世界でも稀な国。
自分の過ちを積極的に認められる数少ない国。
自国の成果を全く自慢しない国。
こう聞くと超イケテル感じだが、
現状は経済、外交の面で結果が残せない国でもある。
この原因についてオレらは
もっと積極的に考えなければならない。
日本はODAでも世界を支援し、
IMFへも積極的に金銭支援し、
竹島問題勃発の韓国にも
最近韓国の国債を買いまくって支援している。
見返りを認めない一方的な支援、
これを、日本の美、として片付けてもよいものなのか。
たしかにフツーできない超人的なかっこよさだと思う。
でもこれは日本人が幸せという
前提条件があっての話にするべき。
マザーテレサ的な生き方は確かにかっこいいが、
オレは身近な人を幸せにもできないくせに、
世界の人を幸せにしよう、なんてアホくさいと思う。
家族と友達も大事にできないくせに、
何が日本平和だって感じ。
日本平和もできないくせに、
世界平和もくそもあるかって感じ。
右肩上がりの自殺率、
右肩下がりの経済、
はんぱない閉塞感、
企業で例えるなら、
大赤字で倒産寸前の政府だが、
自分で利益が出せないために、
そんな疲弊する国民から大増税で
まだお金をゆすりとろうとしている。
そんな政府は、
竹島に突っ込んでくる韓国や、
日本を軽視し続ける世界に
媚びつづけお金を出している。
なんかおかしいと思うんだよなー。
まぁ政治の話はよくわからないので、この辺で。
ともかく、
自己より他己を思いやる「日本の美」は
日本を滅ぼすかもしれないのだ。
そもそもこういった「日本の美」はいつ生まれたのか?
最近、司馬遼太郎にはまっているが、
150年前まではそんな感じじゃなかった。
幕末の主役で、
最後まで武士魂をもっていた薩摩藩では、
他藩士や百姓を理解しようとするどころか、
かなり見下して相手にもしてなかった。
その上、日本を守ろうと征韓論をとなえ
外国を攻めようと攻めようと熱り立ってたくらいで、
今のように自国を犠牲にし、
外国に媚びようといった気はさらさらなかった。
他藩より自藩、他国より自国、
そんな教育を受けていた薩摩藩士は、
自信に満ち強くかっこよかった。
これは今の韓国の教育と酷似している。
韓国人が日本人と比べ堂々としているのは、
韓国の教育では韓国の血は高貴なもので、
他の国々はそれに劣っていて、
みんな韓国の血に嫉妬していると
教えられているからである。
これは韓国で国語の教師をしていた
韓国人の友人に聞いた話だ。
なんで韓国人は黒人とか中国人とか
徹底的に人種差別するのか、って聞いたら、
そういう教育してるからだ、っていってた。
ノーベル賞がとれないのも、
ハングルという文字が高貴すぎて
英語では表せないからだって。
そう、徹底的な自己肥大教育である。
それに対し今の日本は基本的に

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。