仕事ができるできない、ではなく、環境に出会えるかどうか

仕事ができるできない、
なんて環境次第だ。
「仕事できるね、どこでもやっていけそうだね」
と最近言われることが増えたがとんでもない。
日本にいたときなんて、
大したアイデアもわかないし、
行動も大して早くないし、
とても仕事ができる男って
感じじゃなかった。
仕事ができるかどうかってのは、
一般的に「身ら率先して行動できる人」
だといわれる。でもそんなん環境次第だ。
オレはいま自分からめちゃくちゃ動いてる。
やりたいことはどんどん浮かぶし、
浮かんだことはすぐに実践している。
でもそれは、
自分がやりたいことだけを
やっているから、
自分が全ての責任を背負える環境にいるからだ。
日本で働いたときからうすうす
感じていた。自分は人に支持された瞬間に、
50%やる気が半減する人間だと。
だからもっとオレにやらせてくださいって
言ってたし、なんでやらせてくれないんだって
思ったことも結構あった。
でもそれは仕方ないと今思う。
自分がそういう環境を選んでなかったから。
サラリーマンのくせに、
全部自分でやらせてください、
どうして責任を持たせてくれないんですか、
細かい指示なんて欲しくありません、
なんてわがままな話である。
人には、自分にあった環境が必ずあるし
自分が絶対に活躍できな環境ってのもある。
魚は海だ。鳥は空だ。山賊は山だ。
オレらにも自分にあった環境があるのだ。
自分をあきらめずに探し続けよう。
一緒に探そう。

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。