大人になったら自動的にできるようになると思っていたのにできるようにならなかったことリスト

自分でも無責任だと心の底では知りつつも、「大人になったらできるのだ」と思い込むことによって努力せず、結局できるようにならなかったことリスト。

おいら
大根おろし
よく小さい頃から手伝いをして、力も要るしめんどくさい、が、大人になったらへっちゃらだと思っていましたが、未だにめんどくさいです。途中でくじけそうになります。

おいら
春菊をおいしく食べられるようになる
鍋とかに入ってると最悪です。全ての具材が春菊の臭いに汚染されます。大人になってもあの臭いは無理です。

おいら
プリンとカラメルの絶妙なコンビネーションが好きになる
はずもなく、未だにカラメルはプリンを冒涜していると思っている。

おいら
お酒を飲めるようになる
下戸は下戸でした。体質には勝てない。


おいら
スーパーで重い物を買ったときに、袋を軽々と家まで持って帰れる
軽々とまでいかずとも、手が痛いとかなくなるのかと思っていたら、やっぱり水10L分とか買うとかなりきついです。多分、筋トレしても、ビニール袋が手に食い込むと痛いと思います。


おいら
字が上手くなる
これはある程度は努力した気がしますが、自動的には上手くならないうえ、最近はキーボードが多いので、しばらく書かないと下手くそになるような気もしています。それと、字が上手くない学校の先生がいたので、意外と早い段階で「大人になっても字は自動的に上手くなれない」という現実を突きつけられた気がします。


おいら
難しい会話をできるようになる
大人になっても難しい話は難しいことが判明しました。特に経済とか未だに意味がわかりません。


おいら
新聞を読むようになる
・・・わけもなく、新聞を自分で取ったことすらありません。四コマ漫画さえも読まなくなったので、小さい頃より劣化しているかもしれません。


おいら
朝、ちゃんと起きられるようになる
睡眠障害だったことが判明。いや、遺伝?(「睡眠障害の日常。目が、目がぁぁぁぁ」参照)


おいら
つり革を長く持っていても疲れなくなる
残念ですが、重力によって血が引いていくのを止めることはできませんでした。


おいら
親しい人の死を受け入れられるようになる
いやいやいや、無理。ぜんっっぜん無理。大人でも悲しいもんは悲しい。


おいら
「大人」という生き物に変身(変化・変態)する
FFのジョブチェンジ的な、スーパーサイヤ人的なことを何となく想像していたが、全然違った。

最近になって、やっと「大人」になったような気がしている。やっぱり、精神年齢6掛け説は本当なのだろうか・・・。

サイトからのお知らせ

STORYS.JPはあなたの一歩を応援しています

生き方は少しずつ自由になってきましたが、未経験分野への挑戦(転職)はまだまだ難しいのが現状です。これを踏まえて、STORYS.JPは誰でも実務経験を得られるサービス『adoor』をリリースしました。 最初はエンジニア職を対象にしています。STORYS.JPは、どんな人でも人生の一歩を踏み出しやすい世の中を目指しています。

実務経験は買える「adoor」

著者の内藤 涼子さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。