就活失敗して内定がもらえなかったからMBAにいったらスゴイことになった話

1 / 4 ページ


プロフィール



小森雅(こもりみやび)。1988年生まれで神奈川県出身。日本大学、商学部卒。大学3年から4年にかけて就活をするも全滅し、逃げ道として一橋大学大学院のMBAに進む。そこで大量の情報をインプットし、毎日優秀な人と議論し、課題をこなすことで実力を身につけ、2度目の就活では一流企業から複数内定を獲得することに成功。


はじめての就職活動



志望動機なんかねーよ


大学3年、後期の授業が始まり、10月になった頃、また学内で就活セミナーの告知がなされていた。「全員参加」とある。これは出席しないとまずいのだろか。正直、行きたくなかったが、全員参加の文字が気になる。友人の増川はバイトがあるから行かないという。なんと不真面目な。

不安だったのでとりあえず出席したみたところ、自己分析から面接までの一連の流れを説明してもらえた。

「まずは自己分析をして自分を知りましょう。エントリーシートは企業へのラブレターです。面接で相手の目を見ると緊張する人はネクタイの付け根をみるといいでしょう。」

あまりピンとこない。自分はあと数年で何の職業につくのだろう。返却された自己分析シートを見ると、上昇志向が強いが、行動が遅れがち。金融業界でアナリストやファンドマネージャーについたり、コンサルを仕事にするのが向いており、営業は向いていないということだった。

営業が向いていないのは自分でも思っていたし、調査結果にはおおむね納得。しかし、ファンドマネージャーって何をする仕事なのだろう。エントリーシートの志望動機をどう書いていいのかが分からない。「給料がよくてなんとなくかっこいいイメージだからです」なんてかけないしな…。

悪戦苦闘している間も増川は何もしていなかった。

「お前セミナー一回も言ってないんじゃないの?」

「うーん、まっ大丈夫っしょ!」

楽観的な性格が裏目に出ていた。増川は大手から内定が貰えることはないだろうな


就活本格化


冬の足音が聞こえ始めたころ、企業セミナーにもいくつか出るようになった。一応志望業界は金融とコンサル。

いつものようにPCでネットサーフィンをしていたとき、奇妙な現象に出くわした。

「セミナーの予約を開始しました!」

たまたまメールの画面を開いていて、新着メールに3秒ほどで気付くことができた。志望度の高いコンサル会社からのお知らせなので、是非出席しておきたい。速攻でログインIDとパスワードを入力し、予約画面にうつったところ衝撃的な画面が表示されていた。

「月曜日…満席。火曜日…満席。水曜日…満席。木曜日…満席。金曜日…満席」

全部、満席じゃないか!すぐにログインしたのに、ここまで競争は激しいのか。

2ちゃんねるのスレではやはり、話題になっていて「予約できなかった」、「満席だった」というレスが並んでいた。もっと早くログインしないといけないのか。

競争の熾烈さを思い知った僕はPCのメールを携帯に転送するようにして、家にいるときは常にPCをつけっぱなしにすることで、すぐに気付けるようにした。

「ピロロロ」

来た!TVを見ていた僕はすぐにPCに向かいログインした。

「満席」

またか。一体どうしたらいいんだ。

こんなことが何度か続いてさすがにおかしいと思い始めた。企業はもっと枠を増やしてみんなが参加できるようにしないといけないんじゃないか。


このときの考えはとんでもない勘違いだった。このとき裏では学歴フィルターなるものにひっかかっていたのだ。


面接は茶番


正直なところ、質問会では何を聞けばよく分からなかった。

「一日のタイムスケジュールを教えてください」

みんなの読んで良かった!