堺空港の思い出4 駐車場相場

後編: 堺空港の思い出5 堺空港駅今昔
堺空港には開港から駐車場が用意されているが、空港の駐車場は何時の時代でも高い。まして開港したのは土地が暴騰したバブル時代、近隣の駐車場も強気の値段設定だった。円高で苦境だった近くの某工場が駐車場を貸し出したところ、本業より儲かって程なく工場を取り壊し駐車場専業になった話があるほど。
砂利の青空駐車場でも1時間500円、1日5000円が相場だった。
バブル崩壊で空き地が増えて駐車場が激増。壮絶な価格競争になり、1日1000円、空港への無料送迎バス付き1日800円というところも出た。
堺空港のショッピングモール誘致策で再び空き地が減る。シャープの工場誘致で従業員目当てのアパート建設があったのも影響した。デフレでそこまで強気ではなかったが駐車場も供給が減ってジリジリと値を上げ、1日1500円台まで戻す。
リーマン・ショックとシャープの経営難で再度駐車場も値が下がる。1日1000円に落ちる。
と、アベノミクスで再反転し始めたようだ。平均価格は1日1200円。駐車場相場は堺景気のバロメーターらしい。

続きのストーリーはこちら!

堺空港の思い出5 堺空港駅今昔

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。