会社員の私がStartupWeekendで何度も起業家体験をする5つの理由<2つめの理由>

1 / 2 ページ

前編: 会社員の私がStartupWeekendで何度も起業家体験をする5つの理由<1つめの理由>
後編: 会社員の私がStartupWeekendで何度も起業家体験をする5つの理由。<3つめの理由>


▲Startup Weekend Tokyo for Women Mar.2014

3/14(金)~16(日)に開催されたStartup Weekend Tokyo for Womenに参加してきました。

またStartup Weekendに参加する事で、今や経営者・会社員・学生・男性・女性・日本人・外国人を問わず、本当に多くの人が「起業家体験」に強いニーズを持っていることに驚いています。



なぜ私がスタートアップウィークエンドに出会い、参加したのか?

繰り返しとなりますが会社員の私がなぜ、このイベントに度々参加するようになったのか、下記の5つの理由があります。

1.お金を稼ぐ実力を身につけたい
2.起業家が体験する経験を知りたい
3.本気になりたい
4.仲間を見つけたい
5.●●したい

今回は2つめの理由をご紹介します。


2.起業家が体験する経験を知りたい

20歳の時、一冊の本との出会い

多くの日本人は「起業家体験」をすることなく、人生を終えます。

それが悪いことだとは、全く思いません。


私が起業家に興味を持ったのは20歳の時、偶然、一冊の本と出会ったからです。

それはサイバーエージェントの藤田晋社長が書いた「渋谷ではたらく社長の告白」でした。

本屋で偶然手にとり、そのまま夢中になって一気に読み、本を買って自宅で何度も読み返しました。


将来に明るい希望が持てなかった20歳の自分にとって、藤田さんが20代半ばで自分で会社をつくり、成長させ、苦悩し、戦い、無我夢中で走る「起業家体験」本当に勇気づけられました。


起業家体験の「パターン」「地雷」

それからIT起業家について調べはじめ、どんな「起業家体験」をしたのか研究するようになりました。

下記にいくつか有名な「起業家体験」に関わる書籍を紹介します。


<ハイパーネット>板倉雄一郎さんの「社長失格」

<ライブドア>堀江貴文さんの「100億稼ぐ仕事術

<2ちゃんねる>西村博之さんの「2ちゃんねるはなぜ潰れないのか?

<ペパポ>家入一真さんの「こんな僕でも社長になれた」

<Apple>スティーブ・ジョブスの「Steve Jobs」

<Facebook>マーク・ザッカーバーグの「フェイスブック 若き天才の野望」

<Y Combinator>ポール・グレアムの「ハッカーと画家」

<DeNA>南場智子さんの「不格好経営」 などなど。


「起業家体験」を研究する中で、いくつか共通する「パターン」があると気付きました。

これは、神田昌典さんの「5年間の起業ノウハウを3時間で学べる物語」でも描かれていますが、すごく端的にポイントを紹介すると下記です。


・前提として、起業の成功を目指す過程にはいくつも「地雷」が埋まっている

・特にプライベート(家庭、友人)の人間関係で「地雷」が爆発する

みんなの読んで良かった!