自分が大嫌いだった私が、芸能界入りしCDデビューをした話。

1 / 3 ページ

これは小学生の頃の話。

私は幼稚園の頃から自分の事が大嫌いだった。
何かあるたびに目鼻立ちのはっきりした顔の事を指摘されたからだ。
「外人みたい」「日本人じゃないみたい」と言われ
そのたびに傷ついていた。

私の父親も目鼻立ちがはっきりしている。
どうしてこんなに父親に顔が似てしまったのだろうとよく思っていた。
一重で、眉毛も薄くて、色が白い薄顔にどうして生まれなかったんだろう、
何でこんなにみんなと顔が違うんだろう。
とにかく幼い私はコンプレックスの塊だった。

そんな私が小学3年生になった頃、
母親から知り合いが主催しているオーディションを受けてみないかと誘われた。
当時の私はオーディションなんて知らなかったので、母の言われるままついていった。
初めてのオーディション。
自己紹介をしてくださいといわれたが、審査員の視線が私に集中している事が怖くて、顔を合わせることもできなかった。
落ち着かなくてピョンピョン飛び跳ねていた。
その数日後、
合格の連絡が来た。

私は事務所の社長に「どうして私は選ばれたんですか?この濃い顔嫌いなんです。」と尋ねた。

すると、
「めぐの顔は素晴らしい個性だし、魅力なんだよ。ほかの人にはないんだから」
と言われた。

生まれて初めて、誰かに自分のコンプレックスを褒めてもらえた。

少しだけ自分を好きになれそうな気がした。
それから、ダンスと歌のレッスンを始めることになった。
歌は音楽教室に通っていたし、ピアノも習っていたので抵抗はなかったが、
運動神経の鈍い私はとにかくダンスが下手だった。

しかし、学校ではサブキャラのまたサブキャラの私。
学校とは違う空間が心地よかった。

レッスンを重ねていったある日、ユニットを組むことが決まった。

みんなの読んで良かった!