飛行機の中の女の子3

前話: 飛行機の中の女の子2
助かった

手紙?!

とりあえずしまっておこう!こういうのは絶対に泣くパターンにきまってる!
(≖ლ≖๑ )プッ

そう、アドレス、アドレス
あった!

席に戻りアドレスを交換し合う。
ん?
同じ街、Dunedinだが、アドレス見る限り全く違う!
そりゃそーか、だよね!横浜市でもかなり広い。近いわけがない。
チーン(。*・д・。)ノ
anyway,
飛行機の中では本当に楽しかった!ちゃんに話しかけて正解だった!
そのおかげで他にも友達ができた!
イェー(≖ლ≖๑ )
そうこうしていると、機内食が運ばれみんなも席にもどりはじめた!
自分も戻る。
そうだ!
母親からの手紙!!!!!
どうする?!?!

いや、やめとこう。
一度皆席にもどったらそれ以降またみんなで集まることはなかった!
トイレにいくときにお互いに顔をあわせるぐらいで、後はみな個々に何かしていた。
というよりホッとしていたのに違いない!
多分俺だけか。(ll゚艸゚ll)
do u know why?
飛行機もだんだん慣れてきた。
機内食を食べ、分かりもしない英語のmovieをみたり、寝ようとして見たり、とりあえず時間が過ぎるのを待った。
夜がきた、初めての飛行機の中から空をみた
真っ暗だった。
でもずっと下を見てたのを覚えてる。
何もないのに。
みんなは?
寝てる子もいる。
本を読んでる子もいる。
自分は本当になにももってきてない。わら
とりあえず何しよう?
3列使ってねてみるか?
いや、俺には何と無く無理。
人目がきになる(≖ლ≖๑ )
自分の席を後ろに倒すだけで精一杯だった。
寝よう。
でもちょくちょく目が覚める。
熟睡なんてできなかった。
初めての飛行機だしね(ll゚艸゚ll)
朝が来て、また機内食を食べて、
ふとしたをみると陸だ!
何もない!だいぶ野原な感じがする。
ん?
白いてんてん。
ん?
なんだろ?
陸に近づいてくる!
羊だ!
ついに来たか、New Zealand!
着いた先がクライストチャーチ!!
そう、ここから南島のうちら3人は一度降り、小型機にのらなきゃいけなかった!
多分俺一人だったらそのままのって北島のオークランドまでいっていただろぅ

(ll゚艸゚ll)
本当に助かった!!


カタリエ3に投稿されたストーリーがついに書籍化!
(表紙画像からamazonに飛べます)

Katarie3 book

著者の長橋 良さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。