Dunedin

に着くまであと少し

クライストチャーチに着き、ほかの仲間に別れをつげた。
ちょっと寂しかった
なんだろ、やっぱり女の子って強いんだねー。着いたらすぃすぃ歩く!そう荷物を取りに!
俺も追いかける(ll゚艸゚ll)わら
どれどれ?
確かシルバーだったのは覚えてる。
相当な数のシルバー!(´xωx`)
長い。
なかなか来ない。
そりゃそーだ!
待ってたとこはベルトの出口!でもそのおかげで間違いなく自分のスーツケースが見つかった!
丁寧に名札に名前が書いてあった!
母親が書いたんだなー!
..........
そうだ。手紙
......
恵ちゃんともう一人の女の子がきた!
荷物あったー?
うん!
行こう!
はるみ!
そう、もう一人の女の子名前!
ここで、バイバイだね(b'3`*)
そうだ!行き先違うんだ!

手紙おくるねー!!

うん!

なんか笑顔だった!本当に目的があってきてるんだなぁー。

さて、うちらはDunedinいきの便を探さないと。あまり会話はなかったなぁー!
というより、オークランド組とわかれ、また1人わかれ、最後はうちら2人。
Dunedinについてまた離れると思うと不安になってきた。
せ、席が近いといーねー!!
そうだねー!!
でも、どうだろ?周り見た感じみな外国人だらけ!わら
Dunedinまでは小型飛行機でのフライトになるらしい!
ビックリだった。
大分小さい飛行機だった!
自分席はプロペラの真横!

落ちないよね?(ll゚艸゚ll)
......
ちゃんは少しまえだった!
横には外国人。とりあえず黙って時間が過ぎるのをまった。
Dunedinまでは早かった!
多分1.2時間ぐらいだったかなー??
あまり、覚えてないが、なんせ16年も前の記憶!わら
でもだんだん自分の昔の記憶が蘇ってきてる。
まるでついこないだまでNew Zealandにいたかのようだ。
どうやらDunedinについたようだ!
同じように荷物をとりラウンジにいくと、そこに1人の日本人女性がいた。

自分とちゃんの名前が書いてあるボードをもっていた!

ん?
女性が近づいてきた!
Welcome to New Zealand!
はぁ....
どうやらホームステイの家まで連れて行ってくれるらしい!
しかもうちら2人とも!

ということはもしかして近いんじゃ?



Dunedinの街の中心部
名所:オクタゴン
八角形の形をしていて周りには映画館やカフェ、ディリー、チャーチ、等がある。

著者の長橋 良さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。