清楚系年下ギャルから逆ナンされて感じたこと

1 / 2 ページ

清楚系ギャルに逆ナンされたんです。

出会いは突然でした。


↑こんな雰囲気のギャルに逆ナンされてしまいました。↑
(「清楚ギャル」で検索して画像が出てくるとは・・・。)

ゆかり(仮)
あ、あの・・・もしご迷惑だったら捨ててもらって構いません。私に興味あったら連絡ください。
と言い放ち、立ち去る清楚系ギャル。

・・・(事態がよくわかっていない俺)
とまぁこんな出会い方をしたのです。まさに電光石火。
この娘のある発言が僕にとっては「忘れてた重要なこと」を思い出させてくれました。

出会ってから一日経たずに再会

逆ナンされて思ったのは
「人間って自分に興味を持たれると弱い生き物ですね~。」ってこと。
楓さん(仮)が言っていたことが身にしみる(今時点では書いてませんがのちに書くつもりです)と思いながらメールのやり取りをその日のうちにスタート。
予定をすりあわせた結果、お互いに空いている日が翌日しかないという状況。
ゆかりちゃんのゴリ押しに負け、
なんと翌日にランチに行くことに。
(ちなみに出会ってから翌日ランチが決まるまで5時間足らず)
------------------------------------<翌日>------------------------------------------------------------
待ち合わせ場所で待っていると・・・

ゆかり(仮)
あれ?結構早く来たつもりだったんだけど・・・

↑さっきの雰囲気のギャルが、こんな服装で颯爽と登場。昨日より巻具合がなんか違う。

(えっ?ちょ・・・雰囲気一気に変わりすぎじゃね?)

と今までにないくらい、おどおどしながら街をぶらぶらすることに。


そーいえば、何歳なの?俺より少し年し・・・
ゆかり(仮)
22歳です!大学は大阪で通ってたんですけど、地元に帰ってきました!今はこっちでバイトしながら、実家に住んでます。所謂家事手伝いってやつです(笑)で、上にお姉ちゃん・・・
俺が1聞き終わる前に50答えてくるマシンガントーク。
なぜか俺の質問に答えるときは標準語なのに、自分の話をするときは関西弁。
しかも、ところどころギャル語。前日にネットで予習してなかったら理解できなかったであろう単語が飛び交う。ビバ予習。やっぱり準備は怠ったらいけないんですね。

みんなの読んで良かった!