最も好きな物を手放した悲しみを、最も嫌いな物が埋めてくれた|偏差値27だった大学生が、四ヶ月でTOEICスコアを測定不能から865点まで伸ばした話

1 / 7 ページ

※2014年2月2日  記事をyahooニュースで紹介して頂きました。編集部の方、ありがとうございました。


お忙しい中僕の記事を読んでくださりありがとうございます。

いきなりですが、最初に一番言いたい話をさせてください。


もしあなたに苦手な物があっても、それを克服したいと思っているなら必ずできます。その方法を僕自身の経験をもとに、これからお話させていただきます。


僕は英語という物に対し、トラウマに近いような苦手意識を持っていました。タイトルの通り、偏差値27なんて数字も取ったことがあります。


しかし英語への苦手意識を克服しTOEICの学習をスタートさせ、スコア測定不能という最悪の状態からなんとか865点という点数をとる事ができました。

なので同じように苦手な物を持ってるあなたへ向けて、なぜ、何を、どうやったかをシェアしようと思い、この記事を書きました。

少しでも参考になれば幸いです。



TOEIC受験を決めるまで



高校模試で英語偏差値27!


今でもはっきりと覚えています。高校受験を控えた中学三年生の秋、僕は先日受けた模試の結果を当時通っていた学習塾の塾長から手渡されました。


上から順番に目を通していきます。国語、数学、英語と目を通していく中で僕は信じられない物を目にしました。


なんと、英語の欄の部分の棒グラフがどこにも無いのです。それもそのはず、模試の最低偏差値は27であり、僕の偏差値はその27でした。

塾長は僕に言いました。

ミスプリントだと思ったんだけど、どうやらそうじゃないみたいだな・・・。


勿論僕の勉強不足が悪いのですが、この経験から僕は英語に対してトラウマに近い物を感じるようになりました。


高校はなんとか推薦で入る事ができたものの、依然として英語は全くできませんでした。部活も三年間野球部で、朝から晩まで練習。


テストは常に赤点のボーダーラインを大きく下回り、休みの度に補修、補修、補修・・・。

友達に教えてもらいながらなんとか課題を出し、本当にいつもギリギリで単位をもらっていました。


大学も英語が使わずに入れる理系の学科に入り、野球部を引退すると同時にボクシングを始め、野球以上に打ち込みました。

大学を辞めてプロボクサーとして生きていきたい。そんな事を考えるぐらい、僕はボクシングに夢中になっていました。





みんなの読んで良かった!