パンドラの箱

1 / 3 ページ


パンドラの箱を開けた。
2年前に別れた彼女に再会した。

追懐

夏も疾うに終わり、吹く風に涼しさを感じ始めたある10月の日曜日。
季節外れの人事異動で本社勤務が決まった俺は翌月の引越しに向け準備をしていた。
新入社員としてこの町にやって来てはや5年。
初めは殺風景だったこの部屋も
気付けば一人暮らしとは思えない程の多くの物が溢れていた。
まずは趣味の本を片付けようと整理していると
棚の奥に落ちていた一枚の写真を見つけた。
それは2年前に別れた彼女と最初のデートで撮った写真だった。
赤く染まったキレイな海を背景に
はにかんだ笑顔で手を繋ぐ幸せな二人の姿がそこにはあった。
もう忘れたつもりだった。
もう思い出すまいと胸の奥底に深く沈めたはずだった。
でも写真の中の彼女を見つめると刹那に目頭がジンと熱くなり
長い間抑え付けていた想いが決壊したダムから溢れる水の如く一気に込上げた。
「逢いたい」
不意にそう思ったものの、今更そんな事を口にするのは俺のエゴ。
今ではきっと幸せを手にしている彼女にとっては迷惑なだけ。
そして何より今となっては連絡をとる術がない。
だから俺はその想いを胸の痛みに耐えながら再びグッと飲み込み
写真はもう読むことのない本の間に閉じた。
しかし、その日以来、別れた直後の様に毎日、彼女を思い出すようになった。
二人で見た風景。交わした言葉達。
彼女の少し癖のある笑い声。
幾多もの思い出が浮かんでは瞼の裏で消えた。
これ以上の思い出を掘り起こすのが怖くて部屋の片付けは進まなくなった。
彼女の写真を見つけてから一週間後、夢を見た。
サヨナラを告げたあの日の悲しい瞳をした彼女ではなく俺の問い掛けに
何でも「うん」と柔らかな笑顔で答えてくれる彼女の夢だった。
目を覚ました俺の頬に一筋の涙が伝った。
止め処なく溢れ続けた想いで
心がどうしようもないくらいに一杯になってしまった。
俺は携帯を手に取ると一通のメールを送った。 

可能性

送信完了の文字を確認してから液晶右上の時刻に目をやると
まだ5時を少し周ったところだった。
出勤時間まで少し余裕があった。
もう一度眠りに就こうと再びベッドに潜りこんでみたものの
心の場所がはっきりと判るくらい胸がズキリと痛み眠れなかった。
暫くぼんやりと天井の一点を眺めていたが気分は最悪。
四肢に重りを縛り付けられ海底に沈んでいく様な情感に襲われた。
ただでさえ月曜日の仕事は憂鬱なのに
夢に見た彼女の幻想がその気持ちに拍車をかけた。
それでも仕事には行かなくてはならない。
学生時代だったら2、3日部屋に篭り、塞ぎ込む事も出来るのだが
今は小さいながらも責任がある。
今日だって午前だけでも打ち合わせが2件。
休むことはできない。
こう思えるだけ少し俺は大人になったのだろうか。
熱いシャワーでも浴びたら少しは気分が晴れるかもしれない。
そう思った俺は鉛の様に重い体と心を引きずりベッドから這出た。
その瞬間、携帯が鳴った。 
手にしたタオルを放り投げ急いで携帯を手に取ると
先程メールを送った相手、さちこからだった。
さちこは俺が5年前にこの街に来てから会社の先輩を通じて初めて出来た友人で
当時、大学のクラスメートだった彼女を俺に紹介してくれたキューピットでもある。
普段はメールを送っても婚活で忙しかったなどふざけた理由で
中々返信してこない彼女だが
今日だけは早朝に送ったメールにも関わらず直ぐに返信をくれた。
只ならぬ様子を察知したのだろうか。
女の勘は鋭い。
震える手でメールにはこう書かれていた。

「かめはめ波でない」

意味不明だった。
一体夢の中で誰と戦っているのだろうか。
「千豆くうか?」そんなメールを作成していると
再度さちこからのメールを受信した。
「ごめん。寝ぼけてた。レミナはまだ結婚してないよ。
会いたいんだ?今度の日曜日レミナの家に遊びに行くから伝えてみるよ。
それでもし会えそうな雰囲気だったら直ぐ連絡するよ」

結婚していない・・・

それを聞いた俺は大きく安堵の息をついた。
もちろん彼氏はいるかもしれないし
その人と結婚の約束をしているかもしれない。
だけどずっと彼女の様子を知り得なかった俺には
まだ結婚していないと言う事実だけで十分だった。
そしてメールの最後に書かれた
「もし会えそうだったら・・・」の言葉に勝手な期待を抱いた。

想望

それからの一週間、俺は完全に浮き立っていた。
ジャンプの発売を待つ小学生のように週末を待ちわびた。
お陰で仕事では凡ミスを繰り返し、いつも以上に上司に叱責された。
それでも平気だった。
彼女との再会。
そんな淡い希望があったから。
そして運命の日曜日はやって来た。  
アパートの屋根を叩く雨音で俺は目を覚ました。
半開きの目のまま枕元に置かれた携帯を手に取った。
時刻は10時過ぎ。
受信メール5件。
しかし、全部出会い系のスパムメール。
さちこからの連絡はまだなかった。
連絡が来たら直ぐにでも会えるようにその日は何も予定を入れず
ただメールを待った。
気長に待とう。
そう自分に言い聞かせたつもりだったが
待つ時間は無限に感じた。
瞬く間に過ぎていく日常が嘘のようだった。
テレビを見ても、パソコンに向かっても一向に落ち着かなかった。
普段は吸わないタバコも起きてから数時間で一箱無くなった。
いつまでも鳴らない携帯。
時計の短針が30度振れる度に淡い期待は落胆へと色褪せて行き
無限に感じた時間も確実に過ぎていった。
結局、日が沈んでもメールはなかった。
外を見ると雨は激しさを増していた。
当然だと思った。
お互いの幸せを祈って2人新たな道を歩き始めた様な
綺麗な「サヨナラ」じゃなかったから。
2年も経ってまた会おう。
そんな気持ちになれないのも当然だと思った。
判っていたはずなのに、やっぱり胸は痛む。

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。