パンドラの箱

1 / 8 ページ


パンドラの箱を開けた。
2年前に別れた彼女に再会した。

追懐

夏も疾うに終わり、吹く風に涼しさを感じ始めたある10月の日曜日。
季節外れの人事異動で本社勤務が決まった俺は翌月の引越しに向け準備をしていた。
新入社員としてこの町にやって来てはや5年。
初めは殺風景だったこの部屋も
気付けば一人暮らしとは思えない程の多くの物が溢れていた。
まずは趣味の本を片付けようと整理していると
棚の奥に落ちていた一枚の写真を見つけた。
それは2年前に別れた彼女と最初のデートで撮った写真だった。
赤く染まったキレイな海を背景に
はにかんだ笑顔で手を繋ぐ幸せな二人の姿がそこにはあった。
もう忘れたつもりだった。
もう思い出すまいと胸の奥底に深く沈めたはずだった。
でも写真の中の彼女を見つめると刹那に目頭がジンと熱くなり
長い間抑え付けていた想いが決壊したダムから溢れる水の如く一気に込上げた。
「逢いたい」
不意にそう思ったものの、今更そんな事を口にするのは俺のエゴ。
今ではきっと幸せを手にしている彼女にとっては迷惑なだけ。
そして何より今となっては連絡をとる術がない。
だから俺はその想いを胸の痛みに耐えながら再びグッと飲み込み
写真はもう読むことのない本の間に閉じた。
しかし、その日以来、別れた直後の様に毎日、彼女を思い出すようになった。
二人で見た風景。交わした言葉達。
彼女の少し癖のある笑い声。
幾多もの思い出が浮かんでは瞼の裏で消えた。
これ以上の思い出を掘り起こすのが怖くて部屋の片付けは進まなくなった。
彼女の写真を見つけてから一週間後、夢を見た。
サヨナラを告げたあの日の悲しい瞳をした彼女ではなく俺の問い掛けに
何でも「うん」と柔らかな笑顔で答えてくれる彼女の夢だった。
目を覚ました俺の頬に一筋の涙が伝った。
止め処なく溢れ続けた想いで
心がどうしようもないくらいに一杯になってしまった。
俺は携帯を手に取ると一通のメールを送った。 

可能性

送信完了の文字を確認してから液晶右上の時刻に目をやると
まだ5時を少し周ったところだった。
出勤時間まで少し余裕があった。
もう一度眠りに就こうと再びベッドに潜りこんでみたものの
心の場所がはっきりと判るくらい胸がズキリと痛み眠れなかった。

みんなの読んで良かった!