朝、目が覚めると密室でした。 ファイナル

1 / 8 ページ

前話: 朝、目が覚めると密室でした。 後編
前回のあらすじ。
ある朝、目が覚めると脱出不可能の部屋に幽閉された私。
食料問題から転職まで悩んだあげくの果てに
襲いかかるのは帝国主義のてっぺんに君臨する
ジェイソンの存在だった。
彼は独裁政治の政治を行い庶民を苦しめる。
そんな中、自由を求めて民衆が立ち上がった。
絶対絶命の私が空を眺めて気づいたこととは....。
私の部屋の扉は一つしか無い。
そこを通らない限りは玄関へ、トイレへ
行くことは出来ない。
しかし、方法は別にあったのだ。
自由を求めて眺めたこの窓こそ
もう一つの脱出場所なのだ
空しいという漢字を作った人は
窓から出ることを知らなかったのかもしれない。
自由の象徴である空こそ私の自由への鍵なのだ。
また窓を開ける。
風がドアノブの無い部屋に入ってくる
まるでここが本当の出入り口なのだと私に語りかけているように
私の耳元で小さくぴゅううと唸る。
起きたときよりもだいぶ明るくなっている。
この日の出の時間帯の空が特に私は好きで
奇麗な空をみるといい一日になる予感がする
だが、下を眺めるとその予感も不安に変わる。
残念なことに私の部屋は三階なので
5メートルほどの高所なのだ。
残念ながらこの高さから飛び降りて受け身をとる
練習を私はしていない。
それに着地の瞬間にジェイソンがついに姿を見せるかもしれない
そうなってしまえば私はもう帝国主義の犬である

カタリエ3に投稿されたストーリーがついに書籍化!
(表紙画像からamazonに飛べます)

Katarie3 book

著者のShirabo Shiraboさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。