モテる男は学生時代にもらったチョコの数を気にしない

モテる男御用達の鶏ガラと蕎麦を購入するため、

近所のショッピングモールへ向かい、

エスカレーターではなく階段で1Fへ向かう途中、

見てはいけないエリアが目に入った。

赤、黄、金、ピンク、

鮮やかなカラーで彩られ、

女性達がその周りに集まっている・・・

そう、

バレンタインシーズンの到来だ。

バレンタインデーにチョコというのはもちろん、

スイーツ帝国によって意図的につくられた文化だ。

「女性から男性に」、という殺し文句で、

お祭り・イベント好きの日本人にバッチリマッチした。

意図的にブーム、トレンド、文化を創作する、

彼らの知略はさすがと言うほか無い。

メディアも駆使し、

テレビではイケメン芸人や俳優が、

50個だの100個だのもらったチョコ数の自慢をする。

その度に焦りと期待を感じ、

いつも以上に優しさアピールしながら学生生活を送り、

当日はクールなふりして期待しながら学校に向かい、

落胆とともに家路につくのが恒例になっていたが、

今思えば、

チョコレートをもらえなくて正解だったのだろう。

油と砂糖のコラボレーションは、

慢性的な病気になるにはもってこいの組み合わせだからだ。

世にはモテる男というより、ルックスだけが取り柄の男も多数いるが、

彼らの薄っぺらさは、

50個100個のチョコレートを、

食べ尽くしていた事も関係しているのだろう。

スイーツ男子は大人になるにつれ、

もてない男へと変貌をとげるのだ。

逆に言えば、

学生時代、本命チョコレートをもらえなかったとしても、

これからの人生を謳歌する事にはまったく支障がない。

ルックスだけのきどったあんちゃんよりも、

『双龍門気功法』で内臓を鍛え、

昼も夜もアグレッシブに活動し、

好奇心や包容力があり、大人の余裕で女性をエスコートできる男の方が、

生涯を通じてモテるに決まっているのだ。

PS.愛しの彼女には、

バレンタインにチョコは不要と当然のように伝えた。

代わりに手作り料理を振る舞ってくれるらしい。

愛する人にプレゼントをするという気持ちさえあれば、

チョコでなくても十分に愛情は伝わるのだ。

バレンタインデーとチョコレート

http://www.chocolate-cocoa.com/dictionary/history/valentine/v02.html

■□■□■□■□

モテる男も活動中の肝臓腎臓強化部。

昼も夜もパワフルに活躍でき、

女性にはもちろん、

年齢・性別・仕事・趣味を超えてモテる男を共に目指そう。

参加人数は現在800名超え。

日々活発な意見交換がされている。

"元気があれば何でもできる"。

元気になりたいと望むなら、

ぜひ勇気をだして門をたたいてほしい。

http://souryumon.com

著者の黄 蒼天さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。