モテる男はいくつになっても亀仙人

1 / 3 ページ

「ちょっとそこのお姉ちゃん。

 わしにひとつ、バイアグラを売ってくれんかの。」

友人の薬剤師から聞いたところによると、

70代、80代にして、

バイアグラなどの精力増強剤を

もらいに来る人がかなりいるそうだ。

一体誰と使ってるんだいお前さん、と聞くのはヤボか。

長年連れ添う女性かもしれないし、

90分44,000円の夜の蝶かも知れないが、

いくつになっても夜のパワーは求められているのだ。

▼モテる男はいくつになっても亀仙人

この話を聞いた矢先に浮かんだのが亀仙人。

あの孫悟空の師匠であり、

第21回天下一武道会の優勝者だ。

後に伝説となる悟空を倒す程の実力者で、

御歳319歳にも関わらず精力旺盛。

ロマンティックなお姉ちゃんを見れば秒速で反応。

もしドラゴンボールが少年誌ではなく青年誌だったら、

いろんな描写があったかもしれないと思いつつ、

悟空を倒せる程の体力と、

イマドキのギャルを相手に立ち振る舞う度量は、

まさに『肝』『腎』を鍛え上げているからこそ。

まさか亀仙人が『双龍門気功法』を鍛錬していたとは思えないが、

手段は違えど目的は同じく、

日々の鍛錬を通じ、内臓を徹底的に鍛えていた証だろう。

バイアグラと言えば、

江頭2:50がキャバクラで一気に飲んで

救急車で運ばれた件を思い出すが、

みんなの読んで良かった!