未定

ネットの世界へ

2009年、当時確か中学校3年生。
うちにノートパソコンがきた。

父親が仕事で使うためだと買ってきたが、結局わたしのおもちゃとなり、後に私の引きこもりDAYSの必須アイテムとなるのだ。

精神疾患わずっ////

中3の文化祭が終わった私は、学校へ行かなくなった。心配した親は私を児童精神科へ。…治らない(笑)
1週間食べなくてもハイテンション。いかれてた(笑)
このことについてはまた後日。

師匠との出会い

高校に入り、父親の所有物であるノートパソコンを駆使し、ネットにハマる。
恐ろしい世界だった。自分の無知さを思い知らされた。

そこで1人のヤバイやつと出会った。昼夜関係なく、ネットに浮上しやがる。待てよ、こいつなにやってんの?ニート?なぁ、ニートなの?

『俺?w  毎日温泉入って寿司食ってるよw』

こいつ、あたしが毎日【死ぬか】【学校行くか】【死ぬか】悩んでる時に、寿司食ってやがる…。

よし、決めたわ。あたし、こいつ追っかけてこいつみたいになるわ☆〜(ゝ。∂)キラッ

サイトからのお知らせ

STORYS.JPはあなたの一歩を応援しています

生き方は少しずつ自由になってきましたが、未経験分野への挑戦(転職)はまだまだ難しいのが現状です。これを踏まえて、STORYS.JPは誰でも実務経験を得られるサービス『adoor』をリリースしました。 最初はエンジニア職を対象にしています。STORYS.JPは、どんな人でも人生の一歩を踏み出しやすい世の中を目指しています。

実務経験は買える「adoor」

著者の後藤 詩織さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。