夜の世界をウラガワから5年間見た男

女は怖い?

自分が店舗責任者をしてた時に入店したMちゃん。
18才でルックス・スタイル抜群・浜崎似
そんな感じの嬢だったので直ぐにランク入り。場内抜群に取れる。
とっても重宝した彼女でしたが事情で辞める事に。
さて本題は彼女が辞めてから半年後のとある日。
とんでもない場所で偶然の再会を果たしました。
神様って意地悪!!!
当時風俗ビルの一角に事務所があったので自分は書類整理するのに如何わしい
ビルに向かっていました。その時に・・・
ホテヘルの店舗裏口から指名した客の待つ玄関に移動しようとしていた
Mちゃんに偶然遭遇したのです。自分は目を見開きました!!!
「なんでこんな風俗ビルにおるんや?看護婦なるって言うてなかった?」
本当に驚きは隠せませんでした。
暫くしてMちゃんも自分の存在に気付いたのです。
ばつが悪そうに一言
Mちゃん「こんなとこ店長に見られるぐらいならこの仕事しなきゃよかった」
そう言い残し彼女は足早に去っていきました。
自分は取り残され呆然と
お客さんに腕を絡めて愛想よくホテルに向かう途中のMちゃんの
後ろ姿を見ているだけでした。
クラブで勤務していた時は、あんなに風俗を悪し様に言っていたのに・・・
まあ色々事情はあるわな。また1つ大人になりました。


著者のYamatotakeruno Mikotoさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。