時効だから話す殺人事件 第六回

 まるで最後の宝物を見付けたかのように、急いで手に取り会計を済ませました。その場からもう読み始めまし

た。家に着くまで半分くらい読んでいました。

 しかし、本自身は退屈な読み物で、これといって感動したわけではなかったです。その日は取り敢えず寝ました。

 翌日、英会話学校に通学しに新宿まで通っていました。車中でもどうしてもこの本が気になってしかたありません。

 中3のチーちゃんが、ふと目にした「二人で殺人を」のタイトルに気になり買ったのです。その本のなにを読みた

かったのでしょうか。なにを知りたかったのか。偶然に目に入ったそのタイトルは、紳士をどうやって伯父さんと消

すか、気になったに違いありません。授業中でも気になり頭に入りませんでした。

 二周目に読んだ時です。今までよく理解できなかったある単語が、頻繁に出てくるのに気付きました。

 「パラミン」です。正式には「パラフェニレンジアミン」。これは今はもう殆ど使われませんが、劇薬の部類で写真のカラー現像にも使われていました。

 本の中では、少量のパラミンを服用させると、筋肉が弛緩し始め、4時間後に被害者が亡くなっています。

 最初はそうなんだぁ~くらいにしか思わず、スルーしていました。帰宅途中の電車の中です。冷房があまり効い

ていなくて暑かったのを覚えています。

 頭のなかに、幾つものキーワードが巡っていました。「チーちゃん」「パラミン」「4時間」「湘南」

 いったいどう繋がっていくんだ?でも彼女はこれを結びつけたに違いない、でもどうやって?

 目をつぶりながら、一生懸命推理しました。

 そして全部が繋がったとき、「あああぁ!」と叫ぶと同時に、上半身に鳥肌が総立ちになり、暑いはずの車内に居ながら、僕は全身に寒気が走りました。しばらくは、キーワードが繋がったことへの歓喜で狂いそうでした。

 うわっ!すごっ!やっちまったよ!繋がった!そうかそうだったのか!

 歓喜の時間が終わると、これって殺人事件じゃね?と素直に感じました。

それじゃチーちゃんは本当に人を殺したんだ。。。
やっていたんだ。。。
可愛いんだけど、いつもどこかに憂いがあるのは、これだったんだな。。。

と様々な思いが短時間のうちにめまぐるしく変わっていきました。歓喜のあとは恐怖が残りました。


 ある光景が目に浮かびました。チーちゃんを乗せた紳士は、チーちゃんの希望で湘南海岸に海に向かって、停

車しています。既に事が終わった後なのでしょう、少女の願いを聞くくらいなんてことでもありません。

 チーちゃんが用意した水筒から水をコップに注ぎ、紳士に渡します。紳士は黙って飲み始めました。

 紳士は段々躰の変調に気づくようになります。躰が思うように動けなくなっていくのが認められました。

 やがて毒を盛られたのに気づいた頃はもう遅かったようです。躰の自由は無くなっていました。

 チーちゃんは動けなくなった紳士を確認した後、車を降り計画通りに、少し離れた所にいる伯父さんの車に

移りました。そして帰路へ向かいます。夕方になり、紳士の躰の機能は全てを停止しました。もちろんですが、心臓の機能も停止しました。

 それから小一時間がしたくらいに、都下の家につきました。弟はあれ?とした顔をしていましたが、すぐに

普通に戻りました。

 僕が思い浮かべた光景は以上です。たまたま興味があったタイトルの本には、実際に使える殺人方法があったので、チーちゃんはやった!と思ったのでしょう。そしてそれを実行したのです。

著者の大澤 宏さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。