ベンタツで寄せ書きだるまをオンライン販売している理由

誕生日プレゼントに困っていた。

ベンタツ社長の斉川です。

今回はなぜベンタツでだるまを扱っているのか?を話します。

友達の誕生日プレゼントなに渡す??

そんな相談をしていた。

最初花屋さんを見ていました。

そしたら、花の中央にだるまが乗っている縁起物の花があったんです。

私は魅了され、「だるま プレゼント」でぐぐっていました。

そしたらたくさんのだるまがあったんです。

「寄せ書きだるま」とか「ブライダルだるま」とか。

高価なプレゼントよりもみんなで縁起物に寄せ書きしてあげたほうが喜ぶんじゃないか。

そう思った瞬間でした。

その5分後のもう私の頭の中はこのだるまを売りたい!

と想い、その群馬は高崎のだるま工場に電話していました。

「東京のホームページ製作会社なんですけど、御社のだるまに大変感銘を受け、ぜひ弊社でも取り扱いたいのですが、ご挨拶に行かせていただけないでしょうか?」

それから1週間2週間で群馬の工場に見学に行っていました。

そこでネット販売の了承を得て、EC代行業務をすることになりました。

誕生日プレゼントに困り、だるまを見つけてから衝撃を受け、工場に交渉に行き、わずか1ヶ月あまりで、弊社のだるま販売はスタートしました。

現在グーグル検索で「寄せ書きだるま」で2位。「ブライダルだるま」で1位にヒットしています。

「だるまの達人」

http://www.darumanotatsujin.com/


今では毎月10個から15個売れている人気商品です。

寄せ書きするだるまを誕生日プレゼントで渡す文化を浸透させていきます。

なにを伝えたいかというと、いいなと思ったことから興味を持ち、実際に足を運んでみる行動力が大切です。それで起業は成り立つのです。

工場を見学し、どのような工程で商品を作り、どんな想いがその商品に入っているか。

現場で確認し、こちらは販売力・魅せ方で勝負する。

ベンタツはネット販売には自信があったから。

高価な財布や宝石ではなく、みんなからだるまをプレゼントすることで心のこもったプレゼントを提供してみんなから気持ちを渡せばいいと思うのです。

これが「だるまの達人」事業を行っている理由です。

株式会社BENTATSU
代表取締役
斉川幸弘

著者の斉川 幸弘さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。