人と人とを繋ぐWebサービス 『コーヒーミーティング』 利用レポート⑽ ・エヴァンジェリストが仕事として認められる日を夢見て。

1 / 2 ページ

私の大事な「居場所」となったWebサービス”コーヒーミーティング”


このサービスでは、利用していくにつれ出会った回数や評価してもらった数値が明確に表されます。厳密にはそれだけではない基準が設けられていることと思いますが、基本的にはその数値が多い人はコーヒーミーティングの優良な利用者と認められ、「エヴァンジェリスト」の称号が与えられます。


そして一昨日、私も念願のエヴァンジェリストの称号を頂きました!思わず記念にマイページのスクリーンショットを撮ってしまいましたよ。


私の写真上部にリボンのように掛かっているのがエヴァンジェリストの称号。


何が何でもこの称号を!と思っていたわけではなく、この称号があればコーヒーミーティング初心者の方にミーティング対象として選んでもらいやすくなりますし、単純に新しく人に出会えるチャネルが広くなるかなと思っただけなんです。ですから、「エヴァンジェリスト」という名前には何もこだわりはないんです。


ただ、ひとつ気になることが・・・。


「”エヴァンジェリスト”って何?」って聞かれること、多くありませんか?


コーヒーミーティング外でエヴァンジェリストについて話すと、大体80%位の人にそう言われます。その都度説明はするのですが、こんなにも知られていない言葉なのでしょうか?


そんなことを思ったので、今回は「”エヴァンジェリスト”って何?」ということについて書いていこうと思います。


ではまず基本的なところから。みんな大好きwikipediaから引用してみましょう。

-----------

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%90%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88 

エバンジェリストとは、キリスト教における伝道者のこと。転じて外資系のIT企業に多くみられる、最新のIT技術を分かりやすく説明する役職についてもこのように呼ばれる。業務の一環として、講演、執筆、セミナーを主に実施する。

-----------

コーヒーミーティングでの「エヴァンジェリスト」はもちろん後者。つまり、コーヒーミーティングというサービスを理解し、体験し、何より愛している人が成るべきもの。それがエヴァンジェリストです。理解と体験はまだまだ足りていない私ですが、どの利用者よりもこのサービスを愛していると自負しています。愛だけなら負けません!


・・・さて、落ち着いてwikiを読み進めていくと、こんなことが書かれています。

-----------

日本IBMやマイクロソフトでは正式な職位として存在しており、テクニカル・エバンジェリスト、テクノロジー・エバンジェリスト、ソフトウェア・エバンジェリストなど様々なものが存在する。

日本における著名なエバンジェリストには、玉川 憲(Amazon Web Services)、中山 五輪男(ソフトバンク)、西脇 資哲(日本マイクロソフト)、米持 幸寿(日本IBM)などがいる。

-----------

まだまだ数は少ないですが、日本でもエヴァンジェリストを正式な職位としている会社があるんですね!驚きました。既存の役職でいうと、企画や広報の最上位職になるんでしょうか。日本にエヴァンジェリストという役職が根付くかどうか、楽しみですね。


ちなみに、はてなキーワードには別の意味(というか本来の意味)について説明があります。

-----------

エヴァンジェリスト【えう゛ぁんじぇりすと】

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%A8%A5%F4%A5%A1%A5%F3%A5%B8%A5%A7%A5%EA%A5%B9%A5%C8


evangelist

福音伝道者、巡回説教者と訳される。キリスト教に限らず、例えばマッキントッシュの良さを説いて回る者などもこのようにいう。


Evangelist

頭文字が大文字であった場合、福音書の著書(マタイ、マルコ、ルカ、ヨハネら四人の福音史家)か、アメリカの新聞紙「エヴァンジェリスト」誌を指す。

みんなの読んで良かった!