Hold Upされても、人生変わらなかった僕が、何故病院をやめるのか?  第2回

次話: Hold Upされても、人生変わらなかった僕が、何故病院をやめるのか?


”うっせんじゃー。黙らんかい!”


香港までのチケットは、4万円弱であった。

空港で、イスに座っていると、

外国人が、大声でいきなり怒鳴ってきた。

言葉が全くわからず、

理由が分からず、戸惑っていると

一方的にしゃべられている言葉に


罵声の言葉と感じたわたしは


”うっせんじゃー。黙らんか!”


と、思わず大声を出した。

気づくと、私の座席の周囲には、

中学生の日本人団体客がおり、

私の周りから、離れていくのを感じた。


訳の分からないまま、

そのまま、飛行機に乗った。

香港行きのロイヤル・ネパール航空は、

左手に、チョモランマなどの、世界最高峰の

山々をみることができ、

非常に感動の車中だった。


機内食は、当時の私には非常に美味しかった。

よほどスチュワーデスに人たちには

ひもじそうに見えたのか

もう1食、機内食をすすめられた。

あとにも、先にも

機内食を2食、いただいたのは、

このときだけであった。


横の座席には、早稲田大学の探検部に

所属するヒトがたまたま、座っており、

香港では、一緒な部屋に泊まりましょうと

意気投合した。


無事に香港についた私たちは、

当時の安宿の代名詞:重慶マンションに2名ツインの安宿を

確保した。


まだ若かったわたしは、パスポート、クレジットカード

ほとんどの現金は、ホテルにおいて、

夜の街にひとり、繰り出した。





続きのストーリーはこちら!

Hold Upされても、人生変わらなかった僕が、何故病院をやめるのか?

著者の坊 昭彦さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。