【最終話】ググレンジャーここに誕生!

1 / 3 ページ

前編: 【第6話】ググレンジャー誕生秘話~サラリーマン、殻を破る~


初夏のググレンジャー初顔合わせ

意外にもググレンジャーというサイトを作るとイエローと決めてからスムーズに5人集まり、すぐにでも動き出せる体制が整った。その間、一ヶ月ほどだった。


参加メンバーが決まったということで、メンバー全員が一同に集まりググレンジャー結成記念&決起集会という名目で居酒屋にて飲み会をやることにした。


そしてその決起集会にピンクが今後のググレンジャーに欠かせない存在になるだろうという男、ブラックを連れてくるということだった。ブラックに関してはピンク以外初対面になる。果たしてどんな男が来るのだろうか…


各色のTシャツで登場!?

この決起集会での幹事を担当しているブルーが待ち合わせ時間よりも15分程早く到着し、みんなの到着を緊張の面持ちで待ちわびていた。


ブルー:『今日初対面の人がたくさん来るな…やばい緊張する…』


ブルーは緊張のせいか、いつもよりひとりごとが多くなり夏なのに少し震えている…その時、ピンクとブラックが到着した。


ピンク:『おっ、ブルーさん早いっすね。お久しぶりでーす!』

ブラック:『初めまして、ブラックです。』

ブルー:『ピンクさんお久しぶりです。ブラックさん初めまして、ブルーです。』

ピンク:『あれ?ブルーさんのTシャツ”白”じゃないですか~?ブルーじゃないんですか?』

ブルー:『ええ!!そんなお二人はピンクとブラックのTシャツじゃないですか!?まさか狙って?』

ピンク:『もちろんすよ~』

ブルー:『まさか他のみんなはそこまで考えてないですよね~』


その5分後、グリーンがグリーンのTシャツを来て現れた。


グリーン:『お疲れさまです!グリーンです、初めまして!』

ブルー:『あ、グリーン着てる!』

ピンク:『これでみんな自分色の服で来たらブルーだけ罰ゲームすね!』

ブルー:『マジですね、そうなりますね。』


そして、イエローが本当にイエローのシャツを来て現れた。


イエロー:『おつかれっす!』

ブルー:『ホントに狙ってイエローの服着て来ました?』

イエロー:『当たり前だろうが!ブルーなんでブルーじゃないんだよ!』

ブルー:『いや、まさか服の色まで考えてなかったですよ~ただレッドが赤い服着て来たら罰ゲームやります!』


レッドはググレンジャーのリーダー的存在だ。みんな打ち合わせをしていないのに自分色の服を着てきている。レッドはもちろん赤い服を着てくるだろう、そしてブルーが何かしらの罰ゲームを受けることになるのだろう…みんなそう思っていた。


レッド:『すんませ~ん、遅くなりました!あれ?…なんすかその顔?遅刻してすみませんでしたm(__)m』


みんなが怒っているのはそこではない、ブルーに引き続きレッドまで”白”のシャツを着ている。

みんなの読んで良かった!