続!病気に負けない!!1部

1 / 5 ページ

「きつい時は、きついって、いいんだよ。」


日が経つごとに衰えていく筋肉は動かさなければカチコチになってしまいす。

いずれ動かなくなるおそれがあるけれど、動けるうちから総てを切り捨てるほど器用じゃない!!

それならいっそ、やるだけやって諦めようじゃないか!!


本当に心ない病院が多すぎる!!


寝たきりは避けたい・・・


まだ動けるのに、諦めたくはない!!


その頃、1日に飲んでいた薬は38錠。


ふらつきもあるし、呼吸もつらい・・・


何にせよ、やる気の精神と裏腹に脱力が襲い掛かるのです。


いくつもの病院を移動しながらもリハビリを始めることにしました。


しかし、中には心ないことを述べる医師もいるのですよ。


「貴方の病気にできるリハビリはない」


「進行性の病気でリハビリは無駄ですよ」


挙句の果てには入院拒否・・・


そのような病院は、もう2度といきません!!


こんなに一生懸命、リハビリを望んでるのに・・・


どうして分かってもらえないの?


可能性も希望も捨てて、黙って寝たきりになればいいのかな?


そうではないでしょう?


理解してくれる病院もあるはずです!


どんな格好でもいいからリハビリをさせてくれる病院を探す日々もありました。


そうして時間だけを無駄に費やしてしまったのです。

みんなの読んで良かった!