病気そして出会いと別れ!!(闘病番外編)

1 / 2 ページ

病気を発症してから分かることもある!意外な人間関係は戸惑いを増すばかり・・・


誰にでも忘れられない出会いは、たくさんあると思うのです。しかし、自分から去っていく人を止めることができるでしょうか?もし、自分が傷つけてしまった人がいたら・・・

そんな、お世話になった人へのメセージを送りたい!感謝の気持ちを記したい・・・


堕落した生活になるまで・・・気持ちと車の暴走行為


今までずっと平凡な日々を送ってきました。


それなりに楽しんだこともあったけど・・・


発病するまでは、仲の良い友達とだけ遊べたら、それでよかった。


特に車でドライブするのが好きで、車に憧れたのはイベントに連れて行ってもらってからです。


小さい頃に見た「スーパーカーショー」で一目惚れした車、


「ランボルギーニ・カウンタック」※イタリアでは「コンタッチ」で驚嘆を表します。


あまりのスタイルの良さと迫力に驚きました。


両親にせがんで、駄々をこねて買ってもらった


「カウンタックの超合金模型」も懐かしい。


あの頃から速い車に憧れ始めたのかな・・・


高校に入ると周りの友達も、皆車に夢中になる年頃です。


どんな車が好きか、そんな話が広まる一方で、


音楽の話も毎日のごとく話題で溢れていました。


私の聞く音楽は、ロック系が多く、ヘヴィメタルが心地良い・・・


でも、若気の至りでしょう。


徐々にパンクからハード・コアになり、辿り着いたはグラインド・コア!


もうここまで来ると音楽のことは語ることさえ難しい・・・


今は年甲斐もなくデスメタルをちょこちょ聞いています。


そんな激しい物好きの私は、車でもスリルを求めるようになりました。


乗る車は総てターボ仕様のものばかり。


車購入して、わずか3週間で大破したこともあります。


それでも懲りずに、暴走心はエスカレートするばかりでした。


調子に乗った私は公道レーサー気取りそのもの・・・


ゼロヨン大会に、峠に行っては暴走行為!(良い子は真似しちゃダメですよ!)


一般的に言う走り屋チームに誘われ、参加していたころもありました。


ちょうどランサーエボリューションⅢのダンデライオンイエローに乗ってた頃です。


しかし、「孤独が好きなオレさ~♪」と思い込んでいた私が長続きする訳ありません。


年齢的問題もあり、おとなしめの車に買い替えたのですが、


やはりターボ仕様でフルエアロにローダウン仕様・・・


どこが落ち着いたのか皆無です。


”まぁ、前車の黄色から比べたらおとなしい、音もうるさくないし、しばらく乗れそう。”


こうしてやっと暴走心から開放されたような気がします。


人間関係に悩んだこともある。それは自分の心の弱さが招いたもの・・・


一旦落ち着いた人生に再び刺激が現れました!


それは、一人の女性との出会いです。


目は吸い込まれそうなブルーで、髪はさらさらロングのブロンドです。


どこの国の女性かは秘密ですけど・・・


一目惚れしちゃいました。


最初はメールで、何とか意思の疎通を図ろうと一生懸命でした。


”こんな出会いは一生に一度しか無い!!”


唯一の手段ですが、メールはローマ字打ちの日本語会話で何だかぎこちない。


それでも何とかデートに誘って、


分かってもらえるレベルの日本語で一生懸命エスコート!


海を見たことがないと言ってたので、海のど真ん中を走れるドライブコース!!


そして、水族館に連れて行きました。


本当に子供みたいに、はしゃいでいる姿を見て可愛いなと心底思いました。


何度かデートするうちに意外な面も、たくさん見れて良かったです。


何故か、味噌汁が大好物という一面も知れてよかった。


心底人間不信になっていた彼女も、数年でようやく打ち解けてくれました。


そんな彼女が夏場の外仕事から、帰ってきた私に言った初めてのジョーク。


「あなた、まいにち黒くなる、明日帰ってきても誰かわからない!」


日焼けが凄い私に最高の笑顔でジョークのプレゼント!!


もう疲れも一気に吹っ飛びますよ!


今でも鮮明に思い出せます。


楽しかったなぁ・・・


本気で結婚も考えていたのですが・・・


結局、私は病気を理由に別れてしまいました・・・

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。