【第三部】中卒⇨上京⇨ホームレス⇨営業全国1位⇨鬱病、引きこもり⇨大手キャバクラ幹部⇨逮捕⇨24歳で起業⇨顎下腺腫瘍発覚、手術⇨事業失敗⇨退院後の25歳の夏、ゼロから再起業。

1 / 4 ページ

前編: 【第二部】中卒⇨上京⇨ホームレス⇨営業全国1位⇨鬱病、引きこもり⇨大手キャバクラ幹部⇨逮捕⇨24歳で起業⇨顎下腺腫瘍発覚、手術⇨事業失敗⇨退院後の25歳の夏、ゼロから再起業。

※4/5 表現を加筆修正しました。


会社を立ち上げたばかりで何かと忙しく、ここに訪れる時間がありませんでした。

久しぶりに開くと沢山の方々に見ていただいていて、とても驚きました。

ありがとうございます!続きを書いていきます。



第三部






悪い事はやっぱりバレる。そして訪れた恋





見出しの通りである。やっと仕事にありつけて生活の目処がたった僕は、浮かれていた。

何と入店1ヶ月もしないうちに、周りのスタッフ達に実年齢や偽造身分証のくだりをペラペラと話してしまったのだ。ただの馬鹿だ。

当然のように店長にチクりが入る。年末の忙しい時期に、少し早めに店に呼び出された。


おはようございます。こんな早くにどうしました??
店長
・・・。とりあえず、奥の個室に行こうか。

なんだなんだ?!何か悪い事でもしたか?

奥に向かう途中、年齢の件だとは全く思わなかった。ただの馬鹿だ。

個室には、見ず知らずの偉そうなスーツのおじさんが座っていた。

おじさん
君か・・。とりあえず座りなさい。
はい・・・。
おじさん
店長、君も。
店長
申し訳ございません・・・
おじさん
清水君、君は16歳だというのは本当かい?



そういうことか。



謎のおじさんは、本社のお偉いさんだったのである。

何も言い逃れ出来ない。やっと見つけた仕事を、僕は1ヶ月でクビになった。


クビ宣告の後、家に帰る気になれず最寄りの駅付近をフラフラしていた。なんせ暇人だ。駅前で歌っているストリートミュージシャンをぼーっと眺めていて、ふと人だかりに目をやった瞬間


雷に打たれた。


それほどの衝撃が体中を走る。やっと出会えたと、体中の細胞全てが言っていた。この時初めて一目惚れという言葉の意味を知ったのだ。しばらくの間僕の人生そのものとなる年上の女性、Mとの出会いだった。

この話は主題と関係ないので省略するが、とにかく恋をした。4日後から付き合うことになった。


みんなの読んで良かった!