親から愛情をもらって育った事がない私

1 / 2 ページ

私が生まれたのは今から38年前
幼稚園だった頃、父親はほとんど家にはいない状態で、仕事も何をしているかわからなかった。
母親は会社勤めで、帰ってくるのは、18時頃だった。
おばあちゃんは住み込みの家政婦だった為家にはいなかった。
おじいちゃんは家にいて、幼稚園バスが来るところまで送り迎えをしてくれた。
妹が2人いたので、母親が仕事いっている間はおじいちゃんが面倒を見ていたんだと思う。
夕飯はいつも仕事帰りに買ってきたコロッケとポテトサラダかマカロニサラダだった。今だに母親の料理で美味しかった料理は何もないし、手作りの料理なんか作っていた記憶もない。
ご飯は毎日炊いていたわけではなく、2〜3日分をまとめて炊いていたので、ご飯が黄ばんで硬かった。電子レンジもなかったので温かい食事をしたことがなかった。っていうかそれが当たり前だと思っていた。
あの頃は、休みが日曜だけだった。母親と買い物や出かけるといったことはなかった。1人で買い物に行くので、いつも家に置いてきぼりだった。お菓子や飲み物は一切買ってきてはくれなかった。今思えば、料理をしていないのに何の買い物をしていたんだろうと不思議に思う。
幼稚園のお弁当に果物を持ってきていた友達がいた。羨ましかった私は、母親に果物を入れて欲しいと頼んだことがあった。返答があったかどうか記憶がないが、果物を1回でもいれてくれたことはなかった。

              小学生の頃

小学校に入学してすぐに先生が学校であったことをお家の人に話しましょうと言った。仕事から帰ってきて台所にいた母親に話しかけると、うるさいあっち行っててと言われた。その一言でもう絶対に喋らないと思った。その日から必要以外親との会話をしなくなった。
そして、日曜日はほとんど家に居なくなった。松戸までエステにいくようになり朝から出かけて帰ってくるのは15〜16時。昼ごはんを作っておいてくれるはずもなく、妹とご飯に水を入れて食べたり
塩をかけて水、味噌を入れて水のご飯を食べるのが当たり前だった。納豆や卵が冷蔵庫にあった時は、卵かけご飯、納豆ご飯を食べることもあった。
おじいちゃんは家にいたが、特に何も作ってくれなかったし、おじいちゃんも適当にご飯食べていた記憶がある。
ある日、母親が自分で食べるために買ったケンタッキーの残りを持って帰ってきた。その残りを妹とガツガツ食べていたら、意地汚いと言われた。その日は食べる物がなかった為かなりお腹が空いていた時だったと記憶している。
母親にムカついた。なんでそんな言い方するんだろうと思った。
小学校5年生からは、家庭科の授業で調理実習があった。それからは、火を使って料理するようになり、妹の分も作ってご飯を食べていた。
田舎だったので近くにコンビニやスーパーなどは一切なかった。だから、買って食べる事が出来なかった。
昔は給食費を集金袋に入れて学校に持って行った時代だったから、配られた集金袋を母親に渡しお金を入れてくれるのを待っていた。
だが締め切り近くになっても渡されず、学校でも、まだ持ってきてない人は早く持ってきてと言われ恥ずかしかった。
母親に言ってやっと学校に持っていくということが毎回だった。
ある日給食費まだと母親に言ったとき、あんたは人の顔みれば金、金しか言わないね!って言った。正直ショックだった!自分の好きな物を買うために使うお金じゃないのに、なんでそんなこと言われなきゃいけないの?って思ったが、とりあえず給食費をもらってその時は、学校に持って行った。
小学3〜4年の時お年玉をたくさんもらったので、母親に貯金してあげるからと言われ全額渡した。お小遣いをもらっていない私は、そのお金で何か買おうと思い母親にお金おろしてきてと言ったら、全部使った!だからないと言われた。その時はさすがに怒った。母は悪気がまったくなく反省すらしてない様子だった。
だからってお金をくれたわけでもなかった。まさに泣き寝入りだった!悔しくて絶対にお金は渡さないと思った。
全て自分の欲しいものや友達と遊びに行くお金はお年玉から出していた。
6年生の夏休み友達と自由研究をして、賞をとった。凄く嬉しくて家に帰った。その日はたまたま父親が珍しく家に居て、賞の事を言ったら、運動以外何もダメだなと言われた。賞の事は一言も触れてはくれなかった。悲しくて、自分の部屋に戻った。

             中学生になって

まさに思春期だった私はかなり凄かった。
その頃になると母親の顔を見るのも声を聞くのも嫌だった❗️
死ね、くそババ、うるせー、をよく言っていた。ドアをおもいっきりしめたり壁を叩いていた。
中学生になっても給食費の集金はあったが、小学生の時と変わらず、いつもギリギリだった。
父親は相変わらず家には居なかったし、たまに帰ってきてもまた何処かに出かけていたから顔を合わせる事はほとんどなかった。
家に居ても面白くないし、居心地が悪いからあまり家には居なかった。友達と遊んだり、友達の家に泊まり、時にはお酒を飲んだりもした。夜中抜け出しては友達と遊んでいた時もあった。そっちの方が楽しかったし、気が楽だった❗️でも部活だけは真面目に行っていた。笑
遊んではいたが、勉強はそれなりにしていた。
中学2〜3年生の時に、母親が急に離婚したいんだけどと言い出した。何にも考えずにすればと言った返事をした。家族っていう家族ではなかったし、いいんじゃんっていう感じだった!でも離婚はしなかった。今でも離婚したいと言った事がわからない。
そして3年生になり、自分が志望していた高校も親には一切相談もせず自分で決めた。さすがに三者面談があったから、受験する高校は話した。

         そして私立、公立高校合格した
公立高校に行くことにした。

         中学よりも荒れた高校生活

高校生になってすぐバイトした。

みんなの読んで良かった!