キャベツの千切りなんてその辺の道端の雑草と同じだ!と思い、食べれなかった僕に父がかけてくれた魔法の言葉。

1 / 4 ページ





何故だろう。子供というのは本当に
野菜嫌いが多い。
まるで誰かに教わったかのように
野菜嫌いが多い。

そして僕も例に違わずその一人だった。









小学生の頃だ。
僕は他の子に比べたら割と
なんでも食べれる方だったが
それでも一つだけ、
食べれないものがあった。






キャベツの千切りである。

でで〜ん(効果音)




不思議なことに、
キャベツが嫌いなのではなく
千切りにするとダメなのである。


みんなの読んで良かった!