ペットロス〜I believe in miracles〜

2 / 3 ページ

もっと、抱っこしたかった…。
…涙が出てくる…。
胸が苦しくなる…。
自分に対する怒りがこみ上げてくる。
何軒もの家をたらい回しにされ…
人間不信に陥っていたキミを…
私は助けてあげられたかな…。
幸せにしてあげられたかな…。
家族になれて…幸せだった…?
家族になれて…よかった…?
ウチに来て…幸せだった…?
私のこと、怒ってない…?
助けられなくて…ごめんね…。
キミは私に…私たち家族に
たくさんの思い出をくれたね…。
たくさんの愛をくれたね…。
たくさんの癒しをくれたね…。
私はキミに…キミが居る時に…
恩返しがしたかった…。
ありがとう…って言いたかった…。
もっともっと…たくさんの
思い出を作りたかった…。
私はまだ、ペットロスから
抜け出せていない…。
今でも、泣けてくるよ…。
でも、キミがくれた優しさを胸に
新しい子と生きて行くよ。
キミの思い出と共に…。
今の子を大切に育てるよ。
キミの分まで…長生きさせるよ。
キミの分まで、いっぱい
愛情を注いであげるよ。
それが、私が出来る
精一杯のキミへの恩返しだから。
…第二章は、これで終わります。

第三章   ☆なの☆

そんな悲しい別れを乗り越え
☆なの☆と出会ったのが
2012年3月12日です☆
里親募集のサイトで見つけました。
『にゃあ』がお星様になってからは
もう、猫や犬なんて絶対に飼わない
そう思っていました。
それでも、ペットが居た方が
心も安らぐし、元気になるからと
何も考えず、里親募集サイトを
見て、釘付けになったのが
今の二代目の猫☆なの☆です。
ソマリの男の子です。
胃腸が弱く、下痢をすることから
ご飯をろくに貰えず
常にお腹を空かせていました。
もちろん、すぐにウチの子に
することを決めました。
今思えば、栄養失調になっていて
その助長で下痢がさらに
酷かったのかもしれません。
来た当初はフケだらけで
毛艶も悪く、痩せ細り…
里親になったけど、本当にこの子は
1週間も生きられるかな…。
それくらい痩せ細ってました。
今は、虚弱体質ではあるけれど
毛艶も良く、元気いっぱい
ヤンチャな男の子です☆
甘えん坊なのは、来た当初から☆
寂しがりやでヤンチャで甘えん坊。
可愛いです☆

第四章 書こうと思った経緯

私が書こうと思ったのは、
母に書くことが好きだし得意だから
自分の体験談を書いてみたら☆
と言ってもらったから☆
私自身、意外かもしれませんが
書くことが大好きなんです。
同じように、ペットロスで
苦しんでいる人がいるなら…
救いたい…そんな思いで
書き始めましたが、
実は、もう一つ理由があります。
それは…とある男性芸能人の
ブログを読んだから…。
ずっと自分を責めてる感じが
自分と重なって…。
周り巡って、その人の目に
止まって、見てもらえれば
その人を…その人の心を
救えるかもしれないって
思ったから…。
可能性は低いけど、
100%無理とは限らないのが
人生だから。
自分を責めないでほしい。
自分を追い詰めないでほしい。
芸能人とか一般人とか
そんなの関係ない。
みんな同じ人間だよ。
なんで、泣いちゃダメなの?
なんで、虚勢を張らなきゃダメなの?
ありのままで良いのに。
だから、私は救いたい。
手を差し伸べてあげたい。
それが、私の役目だと思ってる。

第五章 メディカルトリマーとして

メディカルトリマーは、カットの
技術や病気の知識・予防だけでなく
アロマテラピーやマッサージを含め
ワンちゃんネコちゃんだけでなく
同時に、飼い主さんの心のケアも
兼ね備えています。
ワちゃんネコちゃんの心のケアは
もちろんですが、飼い主さんが
心も体も健康でいることが
この子達の喜びでもあります☆
感情に敏感なこの子達は
飼い主さんのちょっとした
心の変化も見抜いてしまう。
泣かないで…。そばにいるから…と。
言葉はなくても
心と心で通じ合えるのです。

著者のNishide Mahoさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。