ホワイトデー

私は嬉しかった

私は、バレンタインデーの日、
大好きな人にチョコレートを渡した。
手作りの生チョコ。
手紙を添えて、
友達にチョコを渡してもらった。
喜んでいたのかどうかはわからないけど、渡せた事が嬉しかった。
そして、お返しをもらえない事は、覚悟していた。
…だけど。
ホワイトデーの次の日。土曜日。
夕方5時50分ごろ。
ピーンポーン
玄関のチャイムが鳴った。
確認してみると、好きな人が映っていた。
私は急いで一階におりて、玄関のドアを開けると、ピンクの紙袋を手に、彼は、立っていた。
「どうしたの?」
彼の後ろからは笑い声が聞こえたけど、構わず紙袋を受け取った。
チョコ、ありがとう
今までにないぐらい嬉しかった。


合計873ストーリー! カタリエ へのご投稿、

ありがとうございました!

著者の今田 華野さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。