なんで今ごろ改めて? 先生の言葉

2 / 2 ページ

そういって地球儀を手で はたき、

くるくると回した。

そして、

『本を読め!若いうちに世界に出ろ!

そして、自分の目で確かめ、心で感じてこい!』

そんなことを言ってくれた。

なんかよくわからなったが、漠然と

『日本を出たい…』 

そう思った瞬間だった。

でも、どうしたら・・・?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今はネットも発達し、情報を得る環境は

当時とは格段に向上している。

やりたいことをどうしたらできるか・・・

そんな情報も、簡単に手に入れることが

できる。

でも、本当に「やりたいこと」を実現している

人は少ないような気がしています。

なぜ・・・?

もしかしたら、

「やりたいことをやることは、いけないことだ」と

いう、心理的な抵抗があるのではないか・・・

そういう自分も会社員として働きだし、

飼いならされていくうちに次第に

『やりたいこと」を後回しする癖がついた。

そしていつの間にか、

『やりたいことをする前に、やるべきことを

やらなければ…』 といった強迫観念の

ようなものを身に付けてしまった。

でも、

『やるべきこと』って・・・?

人生は自分のものではないか・・・?

自分の人生、

その脚本家はだれ?

主役はだれ?

自分の人生、自分で好きなように

ストーリーを描いていいのではないか?

主役である自分を、自由に配置し、

役割を与えていいのではないか・・・

そんなことを強く思う今日この頃。

月間200時間を超える時間外勤務が続き、

心身に変化が現れたときに

あの先生の言葉とともに、強くよみがえった記憶。

『本を読め!若いうちに世界に出ろ!

そして、自分の目で確かめ、心で感じてこい!』

もう若くはないが、もう一度自分の目で確かめ、

自分の心で感じたい!

Don't think,Feel !

すべてを捨てて、新たなものをつかみたい!

これがゴーギャンコンプレックスか・・・?

著者の海風 かおるさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。