私が夢の実現の為に日課としている簡単でとても難しい事

3 / 3 ページ


寂しい、不満、諦め・・・・


こうゆう気持ちが表に出なくても、自分でも気づかない内に心の中に残っている。

そんな感じがします。


私が東京で、そのセミナーに参加したのが、11月30日(土)だったのです。

そこで先生が神社へお参りに行くのを日課にしていらっしゃって、何故大事かなどをお聞きして


私もそのとうりだと思い、今迄は自分の先祖だけしか祀っていませんでしたが、

幸い近くに住吉大社があるので、真似じゃないけど、心から同意なので私も日課にしています。


そこで、不思議な経験をしたのです。


神木に両手を回してハグをするみたいに抱え込んでいました。


そうしたら涙が溢れてきたのです。


ビックリしました。


何故?・・・何?・・・何なの?


どういうことでしょう?訳が解りません。


終いに嗚咽というのか、そこに誰もいなかったら大声まで出ていたように感じました。


うわぁ~ッ!!と心の底から。


ヒックヒックと涙が出てくるのを抑えながら、自問自答しました。


私は今悲しいの?何があった?何故泣いてるの?

色々思い浮かべましたが思い当たる出来事はありませんでした。


そこで思ったのです。


これが法悦の涙?


法悦の涙がどんなものかは解りませんが、そう思いました。


人間の三毒、自分の性格の擬装、抑えてきた欲求・・・色々なものを受け止めて貰えた気がした。


自分の欲を一つづつ赦して貰って、自分の身体から剥がれていって、真になっていってるのかな?


本当の自分はめちゃめちゃ弱いのに、生きる為に強い振りをして生きて来なければならなかった

それを解って貰えた。


私も長女だけど、妹が産まれてからも、もっと我慢をしないで甘えたかった。


それらを全部受け止めて貰えた気がした。


自分でも気がつかなかった、心の奥深くに沈んでいた泥が出てきたような気がしました。


帰りは泣いていたカラスがもう笑っていました。


とっても清々しい気持ちになって帰ってきました。


私は子供と高齢者のコラボのコミュニテイーを作って、昔のような、誰でもが一緒に楽しく

過ごせられるような場所にして、そこから笑顔が溢れ、その笑い声、笑顔が世界中に広がっていくよう

に、毎日その実現の為に勉強をしています。老いて益々勉学に勤しんでいますというところです。


勉強ったって、ハチマキを巻いて本を読んで・・そんなのばかりではありませんよ(笑)


私の勉強は人との繋がりです、そこから学ぶ事の多さをよく知っています。


これは私の最も苦手な分野です。気が弱くて、人見知りで、あがり症、その他いっぱいあります。


仕事は我慢してしたくない、楽しくしたいし、難しい事は嫌。


でもこれは必要な事だから苦手なことでもやらなくてはならないと思っています。

私の夢の目的達成の為に・・・


今日も又、今から神社へ行ってきまぁ~す。


長くなりましたが、読んで下さった皆様、本当に有り難うございました。


皆様に幸が怒涛の如く降り注がれますよう祈って参りますネ   ~感謝~



       

       









著者の上田 孝子さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。