jkondoに憧れてインターネットの会社を作った話

2005年。秋。

僕が大学3年生の時、
はてな代表のjkondoさんの講演を自分が属していたゼミ主催で開催することになった。


それにあたって下記の記事に行き着いて衝撃を受けた。
http://japan.cnet.com/blog/kondo/2005/07/15/entry_post_2/


jkondoさんは


「世の中は誰かが適当に作ったとんでもなくでたらめな仕組みで動いている」


という哲学を持っていて

社内会議を音声配信したりだとか新しい仕組みをいつも試行錯誤していた。


僕もこういう事をライフワークにしたいと思っていた時、

2006年になって梅田望夫さんの「ウェブ進化論」という本が出た。


この本を読んで衝撃を受けた東京都荒川区の某町工場の方から

当時大阪の大学生をしていた、全く面識のない僕に対して

「うちのホームページをリニューアルして欲しい」

というmixiメッセージがたしか届いた。

それがご縁で大学を卒業してインターネットの会社を作った。


ざっくり言うと以上です。


それから色々あったけど

総じてやっぱインターネットっておもろす。

サイトからのお知らせ

STORYS.JPはあなたの一歩を応援しています

生き方は少しずつ自由になってきましたが、未経験分野への挑戦(転職)はまだまだ難しいのが現状です。これを踏まえて、STORYS.JPは誰でも実務経験を得られるサービス『adoor』をリリースしました。 最初はエンジニア職を対象にしています。STORYS.JPは、どんな人でも人生の一歩を踏み出しやすい世の中を目指しています。

実務経験は買える「adoor」

著者の西小倉 宏信さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。