The Somatocensory System (小説)

1 / 3 ページ

Introduction
 この物語は、実験的に作られたものです。
 読み進むうちに目の前に広がるスペクタクルのひとつひとつが、整合性と一貫性を欠如したように思えてくることがあると予想します。しかし、それはすべて作者によって意図された、ある効果をねらったことに起因しています。ただし、その効果の詳細をここにお伝えするわけにはいきませんが。
 それゆえ、あなたには、細部の「綻び」を気に留めないで読んでいただきたい。作者は、微に入り細を穿ち、かつ最新の注意を払って全体を整えています。局所的に不都合に思える部分は、あるいは形而上的に、あるいは宇宙的に解決されてしまっている。そのことを念頭に、あなたは物語の世界に没入していかなければなりません。
Body
1
 十六夜、33万4400kmの彼方から、月光が降り注いでいる。田んぼに群生するスズメノテッポウの揺れる様が、月の光波に押されてか、幽かな風に震わされてか、絶妙に同期して見えるのだった。畦道は、アスファルトを剥がされて、昼にうごめく地中の虫の行き所をなくしている。土はかなり乾いていた。
 月明かりは、とぼとぼと歩く男や女やに、スポットライトを当てるように差し込んでいた。それは、ひとりひとりがサブジェクトとして生かされていることの、間接的な証のように思われた。
 塩化ビニル管がとぷとぷと水を田んぼに引き込む音が、どこか遠くから響いてくる。
 その静寂を引きちぎって、一台のトラックが畷を走ってきた。
 V8ツインターボのカマズだ。ラリーレース用の鮮やかな塗装で、荷台を白・青・赤の三色にベタ塗りし、長波長の光線によって妖艶な凄みを増していた。白と赤のみでなく、青色もよく発色しているのは、防護塗料の反射性向をイジっているためだろう。
 トラックは、スズメノテッポウを揺らしながら、東奔してきたが、ある池の前で急ブレーキした。タイヤが湿った土につけた轍が、奇怪な紋章が反復するように二本並んでいた。前輪の跡を、後輪がほとんど狂い無く、噛んでいたのだ。
 車から、一組の男女が降り立った。エンジンを切った運転手役の男は、フルハーネスシートベルトの肩部分を外し、車内にとどまった。
 18リッターエンジンの化物が静まると、あたりを領していたのが、水流と人の歩み、それに風の音くらいしかなかったと分かる。束の間、律動を乱された草がまた段々と、大きなうねりのなかに同期していった。
 池のはたまで、背の高い男が歩いて行くと、女が少し下がって従った。どちらも声を発さない。女の方が、やや厳粛な面持ちをしており、沈黙を規定しているかに見える。ちらり、男は目だけのつもりで振り返ったが、細いブロンドの前髪の奥に冷たい目を見つけて、視線を前に戻した。
 淵に屈み、花が咲く前のカキツバタを手で掻き分けて、男が水面の月を覗き込む。光のゆらめきが、そこに水の存在を知らしめていた。
 男は、水盤を眺めながら、右手でノースリーブのダウンジャケットのポケットを探った。そこには、求めていた感触がなかった。全部で4つあるポケットを調べていったが、どこにも「それ」がなかった。思わず、
「あっれ、どうしたんだっけ?」と声が漏れる。
 女の目が咎めるように、眦を上げた。男は立って、女の方に向き直った。
「すみません。あれ、ロッカーに置き忘れてきたかもしれません」
「なに、どういうこと?」
 すでに事態を把握しているくせに、あえて女は詰るような口調で返した。
「本当に申し訳ありません」
「……で、どうするつもり?」
「と、とりあえず、レーナさんはここで待っててください。すぐ、取りに行きますから。……っと、それだと、置き去りにすることになりますね。じゃ、あの、ボブに取りに行かせますんで、そのあたりで休んでて、もらう、わけにはいかない、ですかね……?」
 レーナはふぅっと溜息をついて、思考回路を加速運転させた。
「しかたないわね。いいわ。私ひとりで待つから、あなたたちで取りに行って来なさい」
「すみません、ほんとに」
 フロントガラス越しに音声なしで、二人の動作を見遣っていたボブは、何か問題があったなと察した。窓ガラスを開けて、呼びかけた。
「フレッドーー。どうしたぁ?」
「いや、AL管を忘れてきたみたいなんだ」
「えぇ! マジか。どうすんだ、取りに戻るのかよ。……つっても、時間ギリギリだぜ?」
「仕方ないだろ」
 そう言って、フレッドは車の方へ歩き始めた、女に軽く会釈して。
「おいおい、マジかよ。めんどくせえことになったな」
 ボブが、急いで、肩にベルトを通す。そして、キーを回そうとしたが、思いとどまり、「ロックでも掛けるか」と呟いて、後付けのコンソールボックスについた再生スイッチを探った。そのとき、何気なく、ボックスの蓋を開ける気になって中を見ると、黒い筐体が出てきた。
「あっ」
 フレッドが逆側のドアを開いて、「なにを驚いてんだ?」と訊いた。

みんなの読んで良かった!