ど田舎にできた高校アメフト部がたった2年で関西大会に出た話(仲間を集める)

1 / 3 ページ

3.仲間を集める

 

さて、顧問は決まったが、今度は部員集めが問題だった。既に運動神経のある有望なやつらはみな運動部に入部していたからだ。教室に戻ってきた僕らは、一段高くなった教壇の端に並んで腰掛けると、早速部員をどうして集めるかの相談を始めた。

「Uは11人集めてこいというとったやろ。運動のできそうなやつはみんなサッカー部とか、野球部にはいっとるで。どないする?」

Zが困った顔をした。

「そやな。残った僕らは運動音痴ばかりやから、役にたたんわな。人のことはいえんけど」

Tが申し訳なさそうに答えた。Tは、どちらかというと芸術家タイプで運動は得意ではなかった。フットボールに憧れているのも、防具を付けたスタイルに興味があるからだ。

「こうなったら、他の部から引き抜くしかないんとちゃうん」

Sがそう答えると

「運動神経はあるけど、遊びたいからクラブに入ってないワルもおるで。あいつらはせえへんかな。フットボールは格闘技やから強いやつがおるほうがええけどなあ」

僕がすぐに続けた。

「そやな。ほなら、両方でいこか」

僕らは、他の運動部から引き抜くことと、遊んでいるワルを誘うことの両方から部員集めをすることに決めた。

 

そこで、僕らが最初に目をつけたのが、Yだ。Yは、中学時代から青春ドラマで人気があった森田健作にあこがれて剣道を始め、高校入学と同時に即剣道部に入部した人物だ。

 スポーツ万能で足も速く、負けん気も強い。小学校時代には、転校してくるなりみんなを運動場に集めて、誰が学校で一番足が速いかを決める勝負をしたという武勇伝がある。

 僕とMは待ちきれずに部活の途中のYを強引に呼び出すことにした。

Yの練習する武道場は、体育館のまだ山側にあった。

学校の中央を南北に走る坂道を一番上まで登り、左手に曲がると武道場に着く。二人は、武道場の前の石段を急いで上がり、古ぼけて重くなった扉を開けて大声でYを呼んだ。

「Yはおらんか」

道場破りのような声が、体育館に響いた。

みんなの読んで良かった!