ど田舎にできた高校アメフト部がたった2年で関西大会に出た話(捨て身の真剣さは必ず伝わる)

1 / 4 ページ

4.捨て身の真剣さは必ず伝わる

 

このように派手に引抜をやっていると、校内でもだんだん知られるようになってくる。

どこからともなく3年生が、なまいきやから潰すといっているという噂が校内に流れた。

「うちの先輩らが、『1年ぼうがフットボールを作ろうというてるみたいやな。なまいきやから潰したろか』というてるで。あの人らは怒らしたらほんまに怖いで。気いつけときや」

あるとき、僕とMにクラスメートの一人が親切にも忠告してきた。

3年生のそのグループは市内でも名前が知られたつわものぞろいだった。僕は、それを聞いたとき、本気になったら潰されると思った。今までは、単なる噂であってほしいと願っていたが、とうとう噂が現実になってしまった。

そう思うと僕は何か得体の知れない不安感に襲われた。急に体全体が鉛になってしまったような感覚がした。

「うし、どないするん」

Mが心配そうな顔をした。

その顔を見て、僕は全て一人で背負い込んだ気分になった。生まれつきの性分だった。

いつか呼び出される。僕は覚悟した。

 

秋が近づいたある日。

外に出ていても、午後も3時を過ぎると日中の暑さが嘘のように涼しく感じられるようになっていた。

僕らは、よくプールの前で部員集めの相談をしていた。体育館とその南側の斜面との間の狭い通路を抜けると、体育館の裏側に出る。プールはそこにあった。大きな体育館の影になっていて普段は人目に付かない。僕らはいつもと同じようにそこで相談をしていた。水泳のシーズンも終わり、辺りには人気がなく、お尻の下のコンクリートがひんやりと冷たく感じられた。

しばらく話し込んだところで、体育館の横から微かに話し声がするのが聞こえた。

すぐにその声が大きくなったかと思うと、3人の男が体育館の横から姿を現した。

あのグループだ。

僕は一瞬まずいと思ったが、どうすることもできなかった。

すぐに僕たちは見つかってしまった。

みんなの読んで良かった!