ノマドワーキングで年間600万円を削減!!グローバルなクラウドサービス企業と業務提携

ノマドワーキングをしていてまず一番助かったことは時間の節約やお金の節約です。オフィスの賃貸料金が不要なので月額固定費を最低限に抑えることができました。またオフィスへの交通費や交通時間も削減できました。年間600万円は削減できました。
そしてコンサル業務を行う上で業務効率化を行うため、業務効率化クラウドサービスの導入を行うことになります。
さて、本業のITコンサルティング事業の立ち上げはどのように行ったかというとまずCRMソフトウェア&サービス業界をくまなく調査して自社と業務提携できるソフトウェア&サービスを販売する企業がないかを調べ上げ何社か候補を絞り込みました。
次は各社に実際に連絡をして業務提携の話を進めます。
「クラウドサービスを利用して日本の中小企業の業務効率化を実現する」という目標をかかげ、各社にアプリーチしていいます。どちらにも提携するメリットがないと提携しても意味がないので慎重に話を進めます。
何社かアプローチするなか、素晴らしいサービスを提供する会社に出会うことができました。インドからグローバルにクラウドサービスビジネス展開するZOHO社との業務提携を行うことができました。
中小企業向け顧客管理システム「ZohoCRM」ゾーホーシーアールエムの販売代理店になり無事CRMコンサルティング事業を立ち上げることができました。
CRM=(Customer Relation Management)
顧客管理システムのことです。
ゾーホーサービスは全世界で600万人が利用する業務効率化サービスでマイクロソフトのオフィス製品と同等の機能を無料でクラウドサービスとして提供したり、CRMは3ユーザー無料で利用できるなど機能と価格面どちらもすぐれたサービスでした。
22種類以上のクラウドサービスがありCRM以外にもプロジェクト管理ツールや請求書管理ツールなど充実しています。
zoho.jp - 無料で使えるオンライン顧客管理
隣の客はよく顧客管理された客だ。 早口言葉より簡単なZoho CRM
今までつちかったビジネス センスと企画力、交渉力、コミュニケーション能力で新規ビジネスを無事立ち上げることができました。(続く)

著者のShindo Takasumiさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。