ど田舎にできた高校アメフト部がたった2年で関西大会に出た話(12.体を鍛える13.ヘッドピンをとらえる)

1 / 3 ページ

⒓体を鍛える

 

やがて冬がきた。冬は、オフシーズンだ。

この間は、どこの学校もスタイルをしないで、体力作りに務める時期だ。僕らは、毎日学校から5キロメートル離れた神社へランニングに出かけることにした。

さすがにスタイルはしないが、全員ヘルメットはかぶっている。

「フットボールはヘルメットかぶってするスポーツや。ヘルメットをかぶると見える世界が違う。そやから、ヘルメットをかぶらずに練習しても、本番では役にたたん。いつもヘルメットはかぶっとけ」

U先生が、自慢げにそういったからだ。

僕らは、僕を先頭にヘルメットをかぶって一列になって町の中をランニングする。おまけに、

「オー、オッ、オッ、オッ」

と大きな声を出しながら走るものだから、道行く人がすれ違うたびにもの珍しそうに振り返って見る。

僕らは最初これが恥ずかしかったが、何日かするとだんだんと慣れてきた。すると、とたんに声が大きくなった。

昔ながらの狭い路地の両側に小さな店が肩を寄せ合うように並んでいる商店街を通り抜けて、いよいよ神社に着くと、目の前にある石の大階段をかけ上がる。

「今日もいくで。十往復や」

僕はそういって、階段を先に上り始めた。続いて他の者も上ってくる。

 

この階段は、84段ある。秋の祭りには、町の人々はこの階段を「たいこ」と呼ばれる重さ2トン近くもある屋台を大勢で担いで上る。階段の両側にはうっそうと木が茂り、昼間でも薄暗い。

さすがに5回も上ると、息が切れ、足ががくがくして力が入らなくなる。よほど気を付けないと、下るときに足を踏み外す危険がある。僕らは、顔をしかめながらもくもくと走っている。

この練習で、自然と持久力と根性が付いた。

部員数が少ない三木高校が、部員数の多い都会の学校に勝つには、試合の最初から最後まで走り続ける持久力と根性が必要なのだ。

フットボールはアメリカの合理主義の代表のようなスポーツで、選手の交代は自由。従って、人数の多いチームがだんぜん有利になる。

イギリスが発祥の地である交代の許されないラグビーとの決定的な違いである。僕らは、人数の少なさを無謀にも体力でカバーしようと考えたのだ。

みんなの読んで良かった!